アライバル-X
(C)Mandala Films and Funhouse
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回も、どういうわけか、POVで製作されたSFホラー映画を鑑賞してしまいました。

『アライバル-X』という作品でございます。

チャーリー・シーンが主演している有名な映画『アライバル/侵略者』とは関係ありません。

でも、宇宙人が関係しているという点では共通しております。

そんな訳で、今回は『アライバル-X』のネタバレなし感想を書いていきませぅ。

『アライバル-X』について

原題:『THE ENCOUNTER』
製作:2015年アメリカ
日本公開日:???
上映時間:1時間25分
オススメ度:★★☆☆☆(二つ星)

予告編動画

簡単なあらすじ

山中に謎の飛行物体が墜落。政府がその場所へ部隊を派遣すると、そこには部隊に対して攻撃的な「なにか」が多数存在していた。

さらに、記憶が曖昧になっている傷だらけの生存者をひとり発見。

一体この場所で何が起きたのか。

事件は、公園の女性保護官が、奇妙な感染症を発症したことから始まったようだ。

今回利用した動画配信サービス

Amazonプライムビデオ

アマゾンのプライム会員であれば、無料で視聴する事ができます。ただし、配信期限があるので、興味がおありであれば、可能であれば、お早めの視聴をオススメいたします。

スタッフ・キャスト(出演者)

監督:ロバート・ゴンウェイ

出演者:クリント・ジェームス、オウェイン・カンウェイ



おっさんのネタバレなし感想

モキュメンタリーではなかった

本作はPOV形式で撮影されたホラー映画となっておりますが、『AFFLICTED アフリクテッド』と同じく、モキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)作品ではありませんでした。

本作で使用されている映像について、撮影者は複数存在しており、それぞれに関係性はありません。

そして、それらの映像が編集され、繋がった状態で公開されている訳ですが、この動画が誰の手によって編集され、公開されたのか。

また公開された経緯などについては一切不明……というか考えられておりません。

そのため、POV映画ではありますが、モキュメンタリーではないという、なんともややこしい作品でございます。

POV形式のホラー映画としては、まぁまぁといった感じで、ギリギリB級映画かどうか……といったところですね。

ちなみに、POV映画の割にはテンポがよく、観客を飽きさせないように工夫されていたところは、好印象ですね。

不気味な雰囲気のホラー映画

全体的に、非常に不気味な雰囲気を漂わせている映画でした。

エイリアン?のようなクリーチャーのデザインは、通常のSF映画とは違った趣のものになっておりまして、なかなかユニークな感じ。

グロ描写は割とあるし、クリーチャー系統は『ミートボールマシン』シリーズのような気持ち悪さがあって、なんともいえない空気感を楽しむことができます。

しかし、不気味さオンリーで最後まで観客を引っ張ろうとして、中盤以降の展開が単調になってしまいがちになった点は、とても残念ですね。

CGについても、CGを使用してしまうと、せっかくの不気味さが減少してしまうので、もうちょっと使用する頻度をさげて、クオリティーをあげた方が良かったかな?という感じです。

とにかくわかりにくいSF映画

POV形式の映画の特徴のひとつに、観客に提示される情報が断片的になるというものがあります。

本作も、ご多分に漏れず、ストーリーに関係する情報は、小出し状態で観客に示されます。

それは別に良いのですが、観客に与えられる情報が、かなり少なくて、観終わってから考えないと、ストーリーがわからないという映画になっております。

鑑賞中に物語はなんとなくわかるものの、劇中で、はっきりと提示される情報がほとんどないので、全体的にわかりにくさが残る作品。

また、登場人物が多いため、視点があっちにいったり、こっちにいったりして、それもわかりにくさに拍車をかけることになっています。

レビューや評価

YAHOO!JAPAN映画に本作のページありましたが、レビュー・評価が投稿されておりませんでした。

Yahoo!映画『アライバル-X』

今回のネタバレなし感想のまとめ

うーん、思ったよりは楽しめましたが、ではオススメできるか?と言われると、なんともいえないですね。

面白さでいうなら『AFFLICTED アフリクテッド』に軍配かな?

『鉄男』や『ゼイラム』『ミートボールマシン』といった、日本映画的な気持ち悪い有機物的な無機物を所望しているなら、本作にチャレンジしてみても良いかも……しれません。


という事で、今回は『アライバル-X』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

ネタバレあり感想

DVD・Blu-ray

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事