微グロ描写もあるクトゥルフ系ホラー映画『ザ・ヴォイド 変異世界』のネタバレあり感想
(C) The Void Movie Inc. 2016 all rights reserved
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、クトゥルー神話をモチーフにしているっぽいホラー映画『ザ・ヴォイド 変異世界』のネタバレあり感想を書いていきたいと思います。

今回の感想では、がっつり内容を書いておりますので、『ザ・ヴォイド 変異世界』をまだ鑑賞していない方は、本編をご覧頂いてから、この感想をお読み頂ければと思います。



ザ・ヴォイド 変異世界(字幕版)

スポンサードリンク

ネタバレなし感想

ネタバレあり感想

謎は明らかにならない

『ザ・ヴォイド 変異世界』は、冒頭から不穏な空気が漂い、謎が謎を呼ぶ展開が目の前に広がります。

謎の男性二人組が若者を火炙りにしたり、三角形を象ったマークのついた白装束を身に纏った人々がナイフ片手に襲ってきたり。

人が見た目グロテスクな化け物に変化したり。


これらの謎については、劇中でほとんど明らかになりません。

ちなみに、黒幕のドクターがどのようにして人々を変容させる知識を得たのか、等についても、ほとんど言及ナッシングです。

なんとなく観客に「お察しください」程度の情報はあるにはあるのですが、謎の解明とはいえず、モヤモヤが残る感じでした。


とはいえ、本作の場合は、情報があまり登場しない事により、不気味な雰囲気を味わう事ができるため、さほど気にはなりませんでした。

このあたりは、個人差があるのかもしれないですね。

考察好きにオススメかも

謎が解明されないという事で、考察が大好きな方だと、かなり楽しめるかもしれません。

私は考察について、それほど好きでも得意でもないのでアレですけれど。

様々なモチーフが登場するので、色々と妄想できるかもしれません。


さてさて。

本作では、ちゃんとしたクリーチャー(?)に変貌する者と、ドクターに失敗作と呼ばれる者が登場します。

この差は一体何なのかしら?


という事で考えてみたのですが、もしかしたら、自分の子供に対する後悔や喪失感が原因なのかもしれません。

あるいは、子供に対する憧れ。

それらを抱えている人は、クリーチャーに変貌しやすいのかもしれません。


主人公は化け物にならなかったけど、奇妙な映像を見れるようになっておりました。

子殺し……とまではいかないけど、子供に対する何らかの意識が、クリーチャーに影響を与えているのかもしれないって、私は思いました。

レビューや評価

久々に見たD級映画。

Yahoo!映画『ザ・ヴォイド 変異世界』

クリーチャーの気持ち悪さはホラー好きには良かった。

Yahoo!映画『ザ・ヴォイド 変異世界』

昔っぽさを演出しつつも、古臭くなく、寧ろ現代的なセンスがクール。

Yahoo!映画『ザ・ヴォイド 変異世界』

今回のネタバレあり感想のまとめ

好き嫌いのでる作品ですが、B級・Z級の洋画・邦画ホラーを問わず鑑賞している方であれば、結構楽しめるタイプの映画かな?

もう一回鑑賞しても良いくらい、個人的には気に入ってしまいました。


という事で、今回は『ザ・ヴォイド 変異世界』のネタバレあり感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!


DVD・Blu-ray



↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事