『デストイレ』のネタバレなし感想/続編が4作制作され、5作目も製作中の超絶低予算の爆笑ホラー映画
(C)2018 Anhednia Films. All rights reserved.
スポンサーリンク

映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、アマゾンプライムビデオで配信されていた、ホラー映画『デストイレ』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

約1時間の映画ということで、気楽に鑑賞したのですが……。

スポンサードリンク

『デストイレ』について

原題:『DEATH TOILET』

製作:2018年アメリカ

日本公開日:劇場未公開

上映時間:54分

オススメ度:★★☆☆☆(二つ星)

公式ホームページ:コンマビジョン『デストイレ』

予告編動画

簡単なあらすじ

ベトナム戦争に、第1歩兵師団に従軍していたブレット。

彼のもとに、弟がトイレで変死したという訃報が届く。

終戦後、母国へ戻ってきたブレットは、弟の死の真相を解明すべく、弟が住んでいたマンションの部屋を調査する。

しかし、これといって不審な点は見つからない。

途方に暮れるブレットだったが、トイレから奇妙な音が聞こえてくることに気付く。

トイレまわりを調べても、特に変わったところはないのだが……。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『デストイレ』

会員の方でも、追加料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


Amazonプライムビデオ『デストイレ』字幕版

プライム会員であれば、追加料金なしで視聴可能。

会員でない方は、動画レンタルor動画購入にて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。


dTV

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。


music.jp

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、music.jpにてご確認ください。


上記以外にも視聴できるVODサービスがあります。詳しくはコンマビジョン公式ホームページにてご確認ください。

スタッフ・キャスト

監督・脚本・出演:エヴァン・ジェイコブス

脚本:マイク・ハーツフィールド

出演者:マイク・ハーツフィールド、アイザック・ゴルビッチ、ミヒャエル・J・フォーゲルザンク


デストイレ(字幕版)

おっさんのネタバレなし感想

映画好き必見のZ級ホラー映画!

予備知識ナッシング状態で、本作を鑑賞したのですが、オープニングから低予算映画だということがわかりました。

なので、最初から、Z級映画なんだという気持ちで本作を鑑賞したところ、これは凄い映画でした。

約1時間の映画で、最初の数分で全てをさらけ出すという、とんでもないことをしでかす『デストイレ』。

その後は、いろんな意味で面白く、観客は状況をわかっているが、主人公は一切状況を理解できないという環境になり、観客は一体なにを見せられているんだ状態。

そりゃ、普通の人は、星1つ評価になりますね……。

約1時間、とにかくツッコミどころ満載で、監督の熱量だけが凄いという、自主制作映画の醍醐味を堪能することができる一品。

ストーリーはかなり単純明快。

セリフは意味深なものが多いものの、回収されることはなく、雰囲気を作り出すための舞台装置。

一応の盛り上がりはあるのだけど、予算の関係上、場面の変化が乏しいという、上級者向けのZ級映画でございました。

異形トイレがしょぼすぎて逆にインパクト大

ナイフが出現し、ギョロリとした目玉。

異形トイレの姿は、我々の想像を遥かに下回るクオリティー。

あまりにもひどい完成度は、かえって観客に強烈なインパクトを与えます。

作品全体の空気感もそうなんですが、異形トイレのショボさ加減は、なんともいえない、クセになる感じで、個人的には大好きです。

『デストイレ』シリーズ

コンマビジョンさんのホームページによると、『デストイレ』は2018年に制作されております。

監督のエヴァン・ジェイコブス氏が、かなりのやる気で制作した本作は、後にシリーズ化されております。

日本で現時点で鑑賞できるのは、1作目である本作、続編となる『デストイレⅡ 復讐の悪魔便器』。



デストイレ Ⅱ 復讐の悪魔便器(字幕版)



3作目と4作目はすでに完成済みで、現在5作目の制作が進行中のようです。

本作を日本に持ち込んだのが、コンマビジョンさんなので、3作目以降も順次、日本に輸入してくれると思います。

興味のある方は、定期的にコンマビジョンさんのホームページをチェックしてみてください。

Yahoo!映画での口コミレビューや評価

配信オンリーな上、かなりマイナーな映画のおかげなのか、ヤフー映画では『デストイレ』のページが、記事作成時点ではありませんでした。

今回のネタバレなし感想のまとめ

シリーズが完結した暁には、コンマビジョンさんには、ぜひとも、クラウドファンディングでコンプリートBOXを企画して欲しいですね。

本作は、個人的には愛されるZ級映画だと思うんですよね。

一般の方には、もちろんオススメできないのですが、なんでしょうね、嫌いになれない映画です。


という事で、今回は『デストイレ』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray

本作は配信オンリーとなります。DVDやBlu-rayの販売は記事作成時点では予定なし。

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事