それあれ系
便乗タイトル映画のネタバレ感想特集「それあれ」編
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999です。

B級映画やZ級映画界隈では、有名映画に便乗することがよくあります。

タイトルを似せたり、ポスターを似せたりして、有名タイトルと間違えて鑑賞するように、映画会社が策を巡らせております。

今回は、私が鑑賞した映画の中で、スティーブン・キングの原作を映画化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』に便乗した映画を、

それあれ系

として、まとめてみました。

こちらの記事は、該当作品の感想を投稿次第、更新していきます。

『IT/イット』(本家)

こちらが本家となる映画になります。このブログでは、チャプター2の感想しか書いていませんね。ライブドアブログにチャプター1の感想を書いているのですが、どこかのタイミングで本ブログにもチャプター1の感想を書きたいところでございます。

『THAT/ザット』シリーズ

わかりやすい便乗タイトル映画ですね。「それ」ではなくて、「あれ」がやってくるというヤツです。2作品あるのですが、両方ともピエロさんが登場するので便乗した模様です。

こちらは普通のB級映画といった感じで、それほど悪くはありませんでした。原題を残して、DVDリリースしたら、それなりの売上があったのでは?って感じで、便乗することがマイナスに働いたような気がします。


邦題が『THAT/ザット ジ・エンド』なので、『THAT/ザット』の続編かと思いきや、全く関係のない映画でございました。内容は……まぁ悪くはないかな??って感じ。個人的に『THAT/ザット』が良かったので、ワクワクして鑑賞したので、クリティカルヒットを受けてしまった。

『フィナーレ そいつが見えたら、終わり。』

ピエロが登場しているので、便乗した映画。内容はスラッシャー系のホラー映画の特徴を持っている作品でした。こちらはシリーズにはなっていません。デンマークの映画ということで、普段とは少し違うテイストのホラー映画を楽しむことができます。

『ドント・イット』シリーズ

『IT/イット』に便乗したというよりは、『ドント・ブリーズ』に便乗した感じの映画になっています。しかし、内容は『IT』寄りという、なんともややこしいシリーズです。

こちらは派手なホラー映画ではなくて、かなり淡々とした作品になっていて、好き嫌いがむちゃくちゃ出る作品となっております。


『ドント・イット』の続編かと思いきや、『THAT/ザット ジ・エンド』と同じく、全く関係のない映画でございました。これから、この手法は流行るのかしら? 個人的には、割と満足度のある映画って感じでした。モロッコ映画は初めてだったので、そういう意味でも鑑賞して良かったですね。

『イット・カムズ・アット・ナイト』

こちらは便乗している訳ではないのですが、タイトルにITが使用されているため、今回ご紹介します。

他の作品に比べると、雰囲気系映画としての側面が強い映画です。

鑑賞した後に考えるタイプの作品となっておりますので、そういう系統の映画がお好きならチャレンジしてみてください。

今回のまとめ

そんな訳で、今回は「それあれ系」をまとめてみました。

都度、更新してまいりますので、宜しくお願いいたします。


という訳で、今日はここまで。

本当に最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事