ZOOMBIES ズーンビ
(C) 2016 SLIGHTLY DISTORTED PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999です。

今回は続編である『ZOOMBIES2 ズーンビ ネクスト・レベル』を鑑賞したくて、再び鑑賞した映画『ZOOMBIES ズーンビ』のネタバレなし&ネタバレあり感想を書いていきませぅ。

前回は2017年の鑑賞でございまして、三年ぶりの視聴になりやす。

◆『ZOOMBIES ズーンビ』概要

原題:『ZOOMBIES』
製作:2016年アメリカ
日本公開日:2016年7月16日
上映時間:1時間28分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

◆『ZOOMBIES ズーンビ』の予告編動画

◆『ZOOMBIES ズーンビ』のあらすじ

絶滅危惧種を保護し、ありのままの姿を観察できる、新しいテーマパーク「エデン野生動物園」。

一般公開を控えた「エデン」には、研修を受けにやってきた学生や、その教育を担当する職員たちが出勤していた。

診療所で治療を受けていた猿が、原因不明の症状を訴え、為す術もないまま、命を落としていく。

しかし、その猿たちが突如目を覚まし、奇声をあげて獣医たちに襲いかかる。

決死の思いで、エマージェンシーボタンを押して、動物の封じ込めを試みるが……。

◆今回利用したDVDレンタルサービス


【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】

◆『ZOOMBIES ズーンビ』を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT
U-NEXT

見放題対象作品となっております。ただし、視聴期限は2021年4月30日までとなっております。

2020年3月11日時点の情報です。最新情報につきましては、各サイトにてご確認ください。

◆『ZOOMBIES ズーンビ』のスタッフ

監督:グレン・ミラー
脚本:スコッティ・ミューレン
撮影:ブライアン・コス
編集:ジェームズ・コンデリク
音楽:クリストファー・カノ
製作:デヴィッド・マイケル・ラット
製作総指揮:デヴィッド・リマゥイー

◆『ZOOMBIES ズーンビ』のキャスト(日本語吹き替え版声優)

リジー:アイオン・バルター(まつだ志緒理)
ゲージ:アンドリュー・アスパー(水越健)
レックス:マーカス・アンダーソン(宮本淳)
エレン・ロジャース博士:キム・ニールセン(早川舞)
シーア:ララ・ネスター(矢島晶子)




ZOOMBIE ズーンビ [ アイオン・バルター ]


◆『ZOOMBIES ズーンビ』のネタバレなし感想

いやぁ、二回目になりますが、やっぱり普通に楽しめるB級ホラー映画でしたね。

しっかりラストまで鑑賞できる作品です。

あ、言い忘れておりました。

本作は安心安定でお馴染みの

アサイラム製作、アルバトロス配給

でお届けいたします。

なので、クオリティーは、ある程度、想像できる点は嬉しいところでございます。

グロ描写もCGだったり、CGでなくて安っぽい感じの仕上がりですが、それなりに網羅しておりますので、そのあたりお好きな方も、それなりに満足できるかな?といったところ。

女の子がコアラをぐちゃぐちゃにしたところは、割とエグかった。

あくまで、それなりに、です。

下手に期待すると絶対失敗するタイプの映画なので、ご自身の映画の趣味とご相談の上、ご鑑賞くださいまし。

◆『ZOOMBIES ズーンビ』の良いところ

本作は、ストーリー展開が非常にスピーディーでございまして、退屈するところがありませんでした。

下手なB級映画やZ級映画だと、中盤までの展開がゆっくりで、退屈に感じてしまうこともありますが、本作ではその点はないので、ご安心ください。

内容としては、ゾンビ映画として観るとダメ。

アニマルパニック系のホラー映画として鑑賞するのが正解になっております。


どうしてゾンビ映画として鑑賞していけないのかについては、後ほど書いていきたいと思います。

アニマルパニックタイプの映画としては、十分に及第点をクリアしております。

アサイラム映画の中では、間違いなくトップクラスの映画だと、私は思いますね、えぇ。

本作では、人間の悪役が登場しないところも良いですね。


まぁ、自己中心的なキャラクターはいるにはいますが、それぞれにちゃんとした役割があって、それを果たしているので、イライラすることもありませんでした。

こうしてみると、脚本が非常に優秀だったんだなってことを、改めて感じますね。

もしかすると、このシナリオだったら、もうちょっと良い制作会社がピックアップしたかもしれず、そうすると、もっとクオリティーの高い映像を観ることができたかもしれませんね。

◆『ZOOMBIES ズーンビ』の悪いところ

DVDのジャケットをみてみると、肉体の腐った動物が襲いかかってくるのかと思ってしまうのですが、少なくとも見た目はゾンビではありません。

頭をシューティングするまでは、立ち向かってくるという点だけ、ゾンビって感じですね。


そもそも、劇中では凶暴化した動物たちに対して、ゾンビって言っているシーンはありません。

あくまで人間に対して非常に攻撃的になった動物といった感じなのです。

そのため、凶暴になった動物に噛まれても、人間は変異しない。


つまり、ゾンビ映画特有の「人でなくなる恐怖」を感じることができません。

そう考えると、本作をゾンビ映画として鑑賞した場合、「ゾンビやあらへんやないか!」ってなります。

動物もゾンビには見えないし、人型ゾンビ(?)も登場しませんし、ゾンビ映画としてみると、完全に爆死します。


本作は、先程も書いたとおり、アサイラム製作になりますので、当然、CGはチープです。

チープ・オブ・チープですよ、本当に。

なので、このチープさを許容できるかどうかが、鑑賞の鍵となります。

チープな映像を受け入れることができなければ、本作を最後まで鑑賞することはできないでしょう。

個人的には、もう慣れてしまっているので、なんとも思わないのですが、引っかかる方は、正面衝突してしまう危険性があるので、注意が必要です。

◆『ZOOMBIES ズーンビ』の口コミレビューや評価

どう評価しようもない。

Yahoo!映画

配役には、もっと力を入れてほしかった。

Yahoo!映画

動物が違和感ありの映像で金かかってねぇ~

Yahoo!映画

◆『ZOOMBIES ズーンビ』のネタバレなし感想のまとめ

やっぱり巷の評価は芳しくない『ZOOMBIES ズーンビ』。

B級映画やZ級映画を嗜んでいる方にとっては、好評価になると思うのですが、うーむ、よくわからない。

個人的には、グロ描写に耐性があって、安っぽい映像でも大丈夫な人、さらにB級映画Z級映画を常日頃から鑑賞している方には、オススメしたい映画です。


という事で、ここまでは『ZOOMBIES ズーンビ』のネタバレなし感想でした。

これより下には、ネタバレありの感想を書いております。おっさん999のネタバレあり感想に興味がおありの方については、本作の鑑賞を終えた方のみ、ネタバレありの感想に目を通して頂けると幸いです。


そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

●DVD・Blu-ray



下記は続編でございます。

●↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

●この記事をお読みのあなたにオススメの記事

●お問い合わせは下記よりお願いいたします。

    ◆『ZOOMBIES ズーンビ』のネタバレあり感想

    ZOOMBIES ズーンビ
    (C) 2016 SLIGHTLY DISTORTED PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.

    そんな訳で、ここからはネタバレを含んだ、おっさんの感想を書き連ねていきたいと思います。

    動物たちが凶暴化した原因については、結局のところ、最後までわからずじまいでした。

    ウィルス感染であることは、劇中で示唆されておりますが、設備が整っている場所に主人公たちがいない事と、原因解明の時間がなくて、それどころではないので、映画の中では明かされることはありません。

    これについては、個人的には普通にスルーできたのですが、映画の中で原因の説明が必要だと考える方にとっては鬼門かもしれません。

    まぁ、続編である『ZOOMBIES2 ズーンビ ネクスト・レベル』にて、その原因が明らかになる訳ですが……。

    感染の原因を知りたい方は、ぜひとも、『ZOOMBIES2 ズーンビ ネクスト・レベル』をご覧くださいまし。


    という訳で、今日はここまで。

    本当に最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    映画好きな四十郎のおっさん999でした。

    それでは、しーゆー!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事