それ~それがやって来たら…
(C)2018 NSW/コピーライツファクトリー
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は『 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のタイトルだけをパクってしまった、なんちゃってホラー映画『それ~それがやって来たら…』のネタバレあり感想を書いていきたいと思います。

『それ~それがやって来たら…』をこれから鑑賞しようと考えている方は、今回の感想は鑑賞後にお読み頂く事をオススメ致します。


ネタバレなし感想

ネタバレあり感想

結局ピエロは何だったのか

申し訳程度にピエロを登場させて、「本家を意識していますよ」アピールしている本作。

しかし、ピエロが登場する必然性が皆無でございました。

ヨーロッパやアメリカなら、日本よりピエロが身近ですから、トラウマになっている方がいらっしゃって、恐怖の対象になり得る。

だから、『IT』のペニーワイズは、海外ではかなり怖い怪人として認識されているのだと思います。

日本では、そもそもピエロって身近な存在ではないので、恐怖の対象にはなりにくいと思うんですけどね。道化恐怖症の方は別として。


さてさて。

いしだ壱成さん演じるピエロについて、そもそも生きている者なのか、怪異の類なのか、本作鑑賞中の私の興味はそこに注がれておりました。

ピエロに指示しているらしい少女は、すでに他界している怨霊なので、ピエロもそれに準ずる存在なのだと思うのですが……なんと劇中では一切の説明がありませんでした。

ピエロの人形が具現化したっぽいのですが、ピエロの背景についての説明がなさすぎて、消化不良感が半端ない。


それなのに、飛び降りで死んでしまった少年にまつわるエピソードや主人公の子供の頃のエピソードなど、不要な背景を逐一観客に提示してくるため、余計に「そうじゃないんだよなぁ……」って気持ちが生まれてきます。

それらが伏線になるのならまだしも、投げっぱなし……というより、少しでも時間を繋げようとして無理やり生み出されたエピソードたちなのかもしれません。

せめて本筋に関連のあるエピソードで構成してくれれば良かったのに……。


亡霊となってしまった少女の復讐に力を貸すのはわかるけど、せめて人外なのか、そうでないのかくらいは提示して欲しかったですね……。

というか、ジェイソンのような、サイコパスな殺人鬼ピエロがキャンプ場に現れて、殺戮を繰り広げるというシンプルな作品で良かったのでは?

結局のところ、ピエロの正体について、曖昧にしているので、サスペンスにもホラーにもなれなかったという、なんとも残念な映画でございました。

今回のネタバレあり感想のまとめ

久しぶりに見事なくらいの地雷映画でございました。

タイトル便乗映画であっても、個人的には良い感じの作品もあったりした中で、久々の「なんじゃこりゃ」感が半端ない作品。

劇場公開されていたという点もそうですが、脚本を二人がかりで執筆して、このクオリティーという点も、かなりのホラーかもしれません。


という事で、今回は『それ~それがやって来たら…』のネタバレあり感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事