ライチ光クラブ
(C)2016「ライチ☆光クラブ」製作委員会
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、ホラーファンタジー映画『ライチ 光クラブ』のネタバレなし感想を書いていきませぅ。

原作は古屋兎丸さんの漫画となっております。

私は漫画版未読状態での鑑賞でございます。

『ライチ 光クラブ』について

製作:2015年日本

日本公開日:2016年2月13日

上映時間:1時間54分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)※おっさんは原作未読状態のため注意!

予告編動画

簡単なあらすじ

蛍光町の片隅にあるのは、大人になる事を拒絶する少年たちの秘密基地。

秘密基地の名は「光クラブ」。

そこでは、帝王であるゼラが存在し、ゼラを含めた9人の少年が滞在している。

彼らは、ある崇高な目的のために、「機械」の制作に携わっていた。

やがて完成した「機械」は「ライチ」と名付けられる。

ゼラは「ライチ」に美しいものを連れてくるように命令するが、「ライチ」は「美しい」という概念を理解できずにいた。

試行錯誤の末、「ライチ」は、ついにとある少女を連れてくる。

その日から、少しづつ、「光クラブ」の結束が崩れ始めるのだった。

今回利用した動画配信サービス

GyaO!(2020年6月26日時点では、配信終了となっております)

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT

動画見放題にて視聴可能。配信期限は2021年12月25日まで。本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu

2020年6月時点の情報です。最新情報につきましては、Huluにてご確認ください。

Amazonプライムビデオ

動画レンタルにて視聴可能。2020年6月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。

スタッフ

原作:古屋兎丸

監督・脚本:内藤瑛亮

脚本:冨永圭祐

企画・プロデューサー:杉山麻衣

プロデューサー:田中勇也

アソシエイトプロデューサー:平沼紀久

主題歌:ライチ☆光クラブ

キャラクター:キャスト(出演者)

ゼラ:古川雄輝

タミヤ:野村周平

カノン:中条あやみ

ジャイボ:間宮祥太朗

ニコ:池田純矢

雷蔵:松田凌

デンタク:戸塚純貴

ダフ:柾木玲弥

カネダ:藤原季節

ヤコブ:岡山天音

ライチ(声):杉田智和


おっさんのネタバレなし感想

実写映画より舞台向けの作品

実写映画版『ライチ光クラブ』は、かなり評価の難しい映画となっております。

原作を知っているかどうかで、評価もだいぶ変わってくると思うのですが、原作未読のおっさんは、面白い訳ではなく面白くない訳でもない……なんとも不思議な映画でございましたね。


作品の設定……世界観を考えると、映画よりも舞台の方がマッチしていると思ったのですが、それもそのはずです。

本作を見終わってから、色々と調べてみると、『ライチ光クラブ』は元々、劇団「東京グランギニョル」による演劇作品だったんですね。

その作品をベースに、オリジナル要素を加えたのが、本作の原作である漫画版となっているようです。

そりゃ、演劇っぽい訳です。


演劇の場合、役者の熱量が凄まじく、ありえない設定も「ありえるかもしれない」と思わせる事ができます。

それが演劇の良いところであり、映画にはない魅力なんですよね。


映画になると、どれだけ役者さんが頑張っても、演劇に比べ、熱量は個人的には7割減から8割減って思っているので、かなり大味な映画だなぁという印象が残りました。

それでも、世界観が独特で、登場人物たちも魅力的であるため、ストーリーに魅入る事ができました。


とはいえ、決して万人受けするような作品ではなく、人にオススメできるような作品でもない、難しい映画となっております。

グロ描写は控えめ

原作の漫画は、かなりのグロ描写があるらしいです。

本作もグロ描写はあるにはあるのですが、正直なところ、それがメインでもウリでもないという感じにとどめているといったところでしょうか。

グロ描写が苦手な人に配慮した結果なのかもしれないですが、これは評価の難しいところですね。


原作ファンの方はどのように感じたのか、私はわかりませんが、映画から入った者としては、すごく中途半端なんですね。

世界観やキャラクターが魅力的であるため、控えめにグロ描写を導入するくらいなら、いっそのこと、匂わせる程度に留めておいた方が良かったように感じました。

劇中に存在するグロ描写に、特にこだわりらしいこだわりもなかったので、消化不良な感じが否めませんでした。

登場人物は魅力的

本作に登場する、大人になることを拒否した少年たちは、とても魅力的でした。

9人もいるのに、みんな特徴的で、役者さんのパワーも相まって、初めて『ライチ光クラブ』を鑑賞する私でも、誰かと誰かを混同する事はありませんでした。

演劇に比べ熱量が減っているとしても、それでも若手俳優さんたちの熱演は、見ているこちら側に訴えかけてくるものがあり、最後まで鑑賞する事ができました。

ただ登場人物たちの掘り下げはおこなわれないので、そういうのは期待しない方が良いですね。

レビューや評価

実写版が一番残念だった。

Yahoo!映画『ライチ光クラブ』

じゃいぼも雷蔵も妖艶で良かったけど、肝心のゼラが。。。ん??って感じ。

Yahoo!映画『ライチ光クラブ』

色々ぶっこんでる(笑)というカオス感に、評価が両極端に分かれる映画でしょうね。

Yahoo!映画『ライチ光クラブ』

今回のネタバレなし感想のまとめ

本作を鑑賞して思ったのが、とにかく2012年に上演された舞台と、ミュージカル版を鑑賞したいというものでした。

やっぱり映画向けではなくて、舞台演劇でないと、この作品の良さを出す事ができないように感じます。

機会があれば、舞台版を見てみよう。


という事で、今回は『ライチ 光クラブ』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

ネタバレあり感想

『ライチ光クラブ』関連グッズ

DVD・Blu-ray


原作漫画



アニメ『ライチ DE 光クラブ』

2012年と2013年に上演された舞台(東京グランギニョル版ではない)のプロモーションに制作されたっぽいアニメ作品。

舞台演劇

東京グランギニョル版ではなく、2012年に上演された舞台の方の映像。


こちらは主演に中村倫也を迎えたミュージカルバージョン。2015年に上演。

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事


漫画原作でありながら、妙なパワーを感じる事ができるコメディー作品。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事