爆裂魔神少女 バーストマシンガール
(C)2019 「爆裂魔神少女」製作委員会
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は『片腕マシンガール』のリメイク作品『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』のネタバレなし感想を書いていきませぅ。

厳密には、リメイク……ではなくて、リブート企画らしいです。

『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』について

製作:2019年日本

日本公開日:2019年11月22日公開

上映時間:1時間26分

オススメ度:★★☆☆☆(二つ星)

予告編動画

簡単なあらすじ

貧しい住民たちが暮らすイシナリ地区では、臓器売買組織であるダルマ屋の支配下にあった。

イシナリ地区の住民たちは、自身や家族の肉体の一部をダルマ屋に売って、手にしたお金で毎日を食いつないでいた。

幼い頃に、親に体を切り売りされてしまった姉妹がいた。

アミとヨシエ。

成長した二人は、見世物小屋でアイドルとして活動していた。

その裏で、ヨシエは失った片腕にマシンガンを取り付け、ダルマ屋関連の施設を仲間とともに襲撃しているのだった。

ダルマ屋の社長である青山ダルマは、自分に歯向かう者たちを駆逐するため、改造を施した人間兵器をイシナリ地区に解き放つ。

今回利用したDVDレンタルサービス

【TSUTAYA DISACS/TSUTAYA TV】

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT

動画レンタルにて視聴可能。配信期限は2021年4月2日まで。本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazonプライムビデオ

動画レンタル、または動画購入にて視聴可能です。2020年6月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。

dTV

動画レンタルにて視聴可能。2020年6月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。

【TSUTAYA DISACS/TSUTAYA TV】

動画レンタル、または、動画購入にて視聴可能。購入期限は2021年4月2日までとなっております。2020年6月時点の情報です。最新情報につきましては、TSUTAYA TVにてご確認ください。

スタッフ

監督・脚本・編集:小林勇貴

オリジナルキャラクター制作:井口昇

製作:新井重人、原啓二郎

エグゼクティブプロデューサー:福家康孝

プロデューサー:千葉善紀

プロデューサー・編集:西村喜廣

アソシエイトプロデューサー:山城梓

脚本: 継田淳

音楽:中川孝

美術:佐々木記貴

VFXスーパーバイザー:鹿角剛

特殊造型:土肥良成

アクション監督:匠馬敏郎

キャラクター:キャスト

アミ:搗宮姫奈

ヨシエ:花影香音

マツカタ・テツヤ:坂口拓

橘キキョウ:北原里英

青山ダルマ:根岸季衣

佐々木心音、矢部太郎、住川龍珠、石川雄也、安田ユウ、中条さち、ウメモトジンギ、中西秀斗、笹野鈴々音、にしくん


おっさんのネタバレなし感想

メッセージ性は弱くなっている

『片腕マシンガール』は、グロ描写や不謹慎ネタがウリになっている作品ですが、意外な事に、メッセージ性もきちんとある映画でございました。

アクが強いだけの映画ではなかったんですよね。

おそらく、この点が『片腕マシンガール』をカルト映画たらしめているのではないかと、私は考えております。

押し付けではないメッセージが、作中にさりげなく散りばめられており、それが不謹慎ネタとリンクしている点は、簡単にできるものではありません。


さてさて、そんな『片腕マシンガール』をリブートした本作ですが、一応メッセージ的なものは、あるにはあります。

しかし、オリジナル版に比べ、メッセージ性は弱くなっていました。

暴力ではなく、話をすれば、わかりあえる。

そういうメッセージが込められているのだろうと考えられますが、劇中で上手に機能しておらず、観客に響かない結果になってしまったように思います。


『片腕マシンガール』を見ていなければ、普通のB級映画として鑑賞できたと思いますが、やはりカルト映画をリブートするのは難しいという事ですね。

別ベクトルの悪趣味映画

『片腕マシンガール』は、不謹慎ネタを炸裂させている、無茶苦茶な映画でした。

本作は、悪趣味映画ではあるのですが、不謹慎というよりは下品な方に振り切っている感じがします。

無茶苦茶な世界観を作るために、必要以上の下ネタを盛り込むのは、ちょっと安直なように思うのです。

そんなものに頼らなくても、奇妙奇天烈な世界を構築することはできるので、そのあたりはもうちょっと頑張って欲しかったところ。

私は不謹慎ネタについては、まだ大丈夫な方ですが、下品なネタになると、ちょっとしんどいところがありまして、『片腕マシンガール』よりきついものを本作には感じてしまいました。

グロ描写よりセクシーシーンが多い

『片腕マシンガール』は徹底的にスプラッター描写に力を入れておりました。

本作でもグロ描写は多々ありますが、それより気になったのはセクシー描写が増えている点ですね。

サービスシーンと捉えれば、別になんとも思わないのですが、オリジナル版ではグロ描写をやりたくてやりまくった感が、ひしひしと伝わってくるんですね。


ところが、本作のセクシーシーンには、制作陣のやりたくて作りました!感を、ほとんど感じることができません。

他のグロい場面でも、そういう感じが伝わってこなくて、なんとも残念。

作品全体を包み込むテンションは、『片腕マシンガール』よりも低く感じました。

セクシーシーンを盛り込むよりも、自分たちのやりたい事を、もっとやって欲しかったなぁ。

敵が段階的に強くなる展開はグッド

アミやヨシエの前に立ちはだかる様々な敵キャラクターが、ストーリーが進むにつれて、レベルアップしていく展開は良かったですね。

この点は、オリジナル版にはなかった要素でして、『片腕マシンガール』にはなかった爽快感を感じる事ができました。

本作はキャラクター映画としての側面が強くなっているため、漫画やアニメ的な展開ができるようになったのかもしれません。

オリジナル版での不満点が、リブート版で改善されている点は、好印象でございました。

レビューや評価

リブートなので、これはこれでいいと思いますが、やはり「片腕マシンガール」と言うのは前提で見ると、「片腕マシンガール」で熱狂した者としては、「ちょっとどうなの」と言う作品です。

Yahoo!映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』

そんなに期待はしてなかったのですが、思ったより面白かったです。

Yahoo!映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』

今回のネタバレなし感想のまとめ

『片腕マシンガール』よりも、映画としてまとまっている『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』。

しかし、上手にまとめてしまったために、本作には「これだけは絶対に作るんだ!」という情熱を感じる事ができなくなってしまいました。


『ジェイコブス・ラダー』の時もそうですが、カルト映画のリメイクやリブートは、本当に難しいですね。

オリジナル版を越えるのは難しいにしても、それに迫る何かを持って企画しないと失敗してしまうという事が、二作品通してわかりました。


ちなみに、本作は『片腕マシンガール』を見ていない人であれば、普通に楽しめる映画となっております。

不謹慎ネタや下品ネタでも問題ない人に限りますけれどもね。


という事で、今回は『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

ネタバレあり感想

『片腕マシンガール』のネタバレなし感想

グッズ関連

DVD・ブルーレイ

サントラ

Tシャツ

ソフビ

はしもと玩具店さんにて、ソフビが販売されております。興味のある方は、はしもと玩具店さんのホームページをご覧ください。

はしもと玩具店――【ビックワンクラフト】爆裂魔神少女 バーストマシンガール襲来!!!


↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

本作と同じくカルト映画をリメイクして失敗してしまった映画です。こちらもオリジナル版を見ていなければ、普通に最後まで鑑賞する事ができるB級映画です。

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事