ペイシェント 声なき患者(タイトル)
スポンサーリンク

ども。映画好きな四十郎のおっさん999です。

今回ご紹介する映画は『ペイシェント 声なき患者』という作品です。

この作品、私は全く存在を知らなくて、DVDなども発売されていないようです。

2019年現在、配信限定の作品みたいで、完全ノーマークでした。

GYAO!の記事を書く際に、GYAO!を訪問した時に発見した映画。

今回は『ペイシェント 声なき患者』のネタバレなし&ネタバレあり感想を書いていきます。

◆『ペイシェント 声なき患者』概要

原題:『PATIENT』
製作:2015年アメリカ
日本公開日:???
上映時間:95分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

◆予告編動画

◆あらすじ

病室で目を覚ましたレイチェル。

つきまとっていた老婆ともみ合いになり、その後に、自分は入院しているようだ。

下半身麻痺の重症を負ってしまい、身動きできないレイチェル。

そこに、死んだはずの老婆が現れる。

「死がお前を迎えに現れる」と不吉な言葉をレイチェルに投げつける老婆。

彼女の目的とは一体なんなのか?

その日から、レイチェルの元には、様々な「死」が訪問するようになる。

◆今回利用した動画配信サービス

GYAO!(ギャオ)

配信期間:2019年12月24日(火) 00:00 〜 2020年1月23日(木) 23:59

◆スタッフ

監督・脚本:ジェイソン・シーディ
脚本:ブレット・ブルックス

◆キャスト(出演者)

アニー・リーズ、ブレット・ブルックス、ケイト・トンプソン、シェリ・ギルバート・ウィルソン、チェイス・ワインスコット

◆おっさんのネタバレなし感想

Z級ホラー映画を想像して、それを期待したところ、完全に裏切られた感じです。

ゴリゴリのB級ホラー映画でして、意外な事に悪くないテイストの作品でした。

良い拾い物でしたね。

物語や設定を作り込んでいて、かつ、ありきたりなホラー描写ではなく、雰囲気ある演出で、個人的にはグッドでございました。

◆良いところ

前置きが一切ない反面、メインの物語は、割とスローペースです。

私はこの緩いテンポがツボにハマりまして、最後まで鑑賞する事ができました。この点は好みがでる感じです。

ホラー描写については、『IT』や『ブライトバーン』のような派手さはありませんが、センスのある描写で、こちらも雰囲気映画好きの心に、深く突き刺さりました。

◆悪いところ

ストーリーはスローテンポと書きましたが、ほぼほぼ進行せず、ひとつの病室のみで物語が進みます。

一種のソリッドシチュエーション・ホラーともいえる作品でした。

私としては、この点は良かった訳ですが、一般的には受け入れにくい要素であると思うので、難しいところです。

また設定が作り込まれているにも関わらず、劇中ではあまり説明がないので、作品内で全て解説して欲しいと思う方は、ストレスMAXな映画であります。

◆レビューや評価

YAHOO!JAPAN映画には本作のページがありませんでした。

◆今回のネタバレなし感想のまとめ

Amazonのレビューを覗いてみると、本作を評価している方とそうでない方の差が、はっきり分かれていて、それはそれで面白かったですね。

雰囲気映画がお好きであれば、チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。



という事で、ここまでは『ペイシェント 声なき患者』のネタバレなし感想でした。

これより下には、ネタバレありの感想を書いております。おっさん999のネタバレあり感想に興味がおありの方については、本作の鑑賞を終えた方のみ、ネタバレありの感想に目を通して頂けると幸いです。



そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

●動画(アマゾン)

●↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

●この記事をお読みのあなたにオススメの記事

●お問い合わせは下記よりお願いいたします。

◆ネタバレあり感想

そんな訳で、ここからはネタバレを含んだ、おっさんの感想を書き連ねていきたいと思います。

ペイシェント 声なき患者

●選択する事の難しさ

この作品では、謎の老婆が主人公にひたすら「選択」を迫っています。

ラストにおいて、主人公も、そのお兄さんも、それぞれに「選択」をします。

この映画において、主人公が選ばなかった人々は、皆、その存在そのものを抹消されてしまいます。

他者を死なせてしまった責任を背負い、主人公は生きていく訳ですね。

また、お兄さんについても、主人公を救うべく、人を殺めてしまう。それについても、彼は背負い、これから生きていく。



この映画での選択は究極のものですけど、普段、私たちも選択をし続けて生活しています。

簡単なものが基本的ですけど、時々、とても難しい選択を迫られる事があります。

そんな時、自分は選択できるか?



選択するということは、選んだ責任というものが伴います。だから逃げてしまう人も多くいる訳ですけど、逃げちゃいけないですよね。

難しいからこそ、選択する事に価値があります。その価値は巡り巡って自分の元に返ってくる。

だから、何かを成す人は選択するのです。大きな選択をするには覚悟が必要。

自分にとっての大きな選択をひとつできたら、人として成長します。

本作のような究極の選択は、そうそう来ないでしょうけど、その時に備えて、できるだけ選択していきたいと、この映画を観終わって、そう感じました。



という訳で、今日はここまで。

本当に最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事