パラサイトバイティング食人草
スポンサーリンク

どーも、四十郎のおっさん999です。

最近の映画なのかしら?と思ったら、2008年の映画で、びっくりした『パラサイト・バイティング 食人草』。

制作は、ドリームワークスでして、なんとも時代を感じます。今は、もう元気ナッシングですもんね、ドリームワークス。

この映画の存在を全く知らず、予告編やレビューなどを見ないで、鑑賞してみました。

そんな訳で、今回は『パラサイト・バイティング 食人草』のネタバレなし感想を書いていきます。




『パラサイト・バイティング 食人草』概要

原題:『THE RUINS』
製作:2008年オーストラリア
日本公開日:日本未公開
上映時間:90分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)




予告編動画




あらすじ

メキシコで休暇を楽しむアメリカ人カップル2組。

ホテルのプールで楽しんでいた4人は、ドイツ人の青年マティアスと知り合う。彼の弟がマヤ文明の神殿にでかけたきり、連絡がとれないのだという。翌日にそこへ向かうというマティアスに、4人は同行することにする。

ギリシャ人のディミトリを加え、神殿へ向かう一行。

しかし、神殿へ到着した一行を待ち受けていたのは、言葉の通じない現地住民だった。

誤解を解こうとしたディミトリは住民の矢で射抜かれ、残された5人も他の住民たちに取り囲まれてしまう。

仕方なく、神殿を登る一行だったが、そこで携帯電話の着信音が鳴り響く。




スポンサードリンク




今回利用した動画配信サービス


TSUTAYA DISCAS


スタッフ

原作:スコット・スミス『ルインズ 廃墟の奥へ』
脚本:スコット・B・スミス
監督:カーター・スミス
製作:クリス・ベンダー、スチュアート・コーンフェルド、ジェレミー・クレイマー
製作総指揮:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンボーム、トリッシュ・ホフマン、ベン・スティラー




キャラクター:キャスト

ジェフ:ジョナサン・タッカー
エイミー:ジェナ・マローン
ステイシー:ローラ・ラムジー
エリック:ショーン・アシュモア
マティアス:ジョー・アンダーソン
ディミトリ:ディミトリー・ベイヴィーズ




日本語吹き替え版声優

ジェフ:風間秀郎
エイミー:MAI
ステイシー:花村さやか
エリック:坂詰貴之
マティアス:佐久田修
ディミトリ:青木強







おっさんのネタバレなし感想

食人草というから、てっきりビジュアルメインのホラー映画かと思いきや、心理的な恐怖を主題に据えた素敵な作品でございました。

普通、このタイプの題材だと、描写が簡単なので視覚的な恐怖に突撃しがちなのですが、そういう安易な方法に頼らなかったという点は好印象ですね。

食人草という、イマサラ感満載の題材を上手に活かしながら、ちゃんと物語を構成していて、観ていて飽きないB級映画に仕上がっておりました。

アメリカ人への皮肉ともとれる内容もグッドですな。




良いところ

食人草を単なるクリーチャーとして描くのではなく、自然の摂理の中に存在するものとして描写している点は良かった。この食人草の描き方が上手いんですよねぇ。

CGだとわかるのですが、人を必要以上に攻撃しないところに、不気味さがよく出ていて、雰囲気映画が好きであれば、楽しめる作品に仕上がっております。

また、ストーリーについて、ストレスなく、サクサクと進むので、この点も好印象ですな。




悪いところ

グロ描写が一部あるので、苦手な人は注意が必要です。

よくあるB級Z級映画のように、クリーチャーが大暴れして、次々に人々が血祭りにあげられるという作品を期待してしまうと、かなりガッカリするので、そこも注意が必要です。

人にパラサイトすることも特にないので、これは邦題も少し問題がありますね。




今回のネタバレなし感想のまとめ

さほど期待していなかったのですが、思いの外の良作で、ウハウハ状態。素敵な作品でした。

皮肉もちょいちょい入っていて、適度なホラーテイストを味わえる作品となっております。

オススメ!


という事で、今回は『パラサイト・バイティング 食人草』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




ネタバレあり感想

『パラサイト・バイティング 食人草』のネタバレあり感想




DVD




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事