『真・事故物件/本当に怖い住民たち』のネタバレなし感想/グロ描写ありの面白い日本ホラー映画
(C)TOCANA映画製作プロジェクト(サイゾー/TOCANA編集部)
スポンサーリンク

映画好きな四十郎のおっさん999です。

今回は、日本のホラー映画『真・事故物件/本当に怖い住民たち』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

今回も、事前情報ナッシング状態で、TSUTAYA DISCASの予約リストに放り込みました。

スポンサードリンク

『真・事故物件/本当に怖い住民たち』について

製作:2021年日本

日本公開日:2022年2月18日公開

上映時間:1時間19分

オススメ度:★★★★☆(四つ星!)

年齢制限:R15+

配給:TOCANA トカナ

発売・販売:アルバトロス

予告編動画

簡単なあらすじ

「事故物件に住み込んで、心霊現象や幽霊を撮影できるまで、帰れません!」という動画の企画に、無理矢理、参加させられてしまった3人の女性。

2人はYouTuber、1人はアイドルの卵で、仕事を選べる状況ではなかった。

企画に利用する事故物件は、昔、凄惨なバラバラ殺人事件が起きた部屋だという。

現場に到着すると、かなりのボロアパートで、色々とガタガタな物件。

おまけに、動画に参加するはずだった自称・霊能者の男性はアパートに来ないという事態。

とりあえず、荷解きや撮影の打ち合わせをスタートさせるのだが……。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『真・事故物件/本当に怖い住民たち』

会員の方でも、追加料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


Amazonプライムビデオ『真・事故物件/本当に怖い住民たち』

プライム会員の方でも、追加料金が必要です。

動画レンタル、または動画購入で、視聴が可能でございます。

月額費用が必要なAmazonのマイシアタープラスに加入している方は、本作がラインナップに入っているので視聴ができる……はずです。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年10月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。


dTV

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

2022年10月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。

スタッフ・キャスト

監督・脚本:佐々木勝己

原案・エクゼクティブプロデューサー:角由紀子

プロデューサー:叶井俊太郎、千葉善紀

製作総指揮:揖斐憲

音楽:中村修人、Watasino、Oku Takashi

出演者:海老野心、小野健斗、小島みゆ、RaMu、竹内花、御法川イヴ、とももともも、渋江譲二、岸端正浩、島田秀平(友情出演)



真・事故物件/本当に怖い住民たち

おっさんのネタバレなし感想

最近の劇場公開作品の中ではトップクラスの面白さ

ここ数年、CMを流して力を入れている日本のホラー映画は、軒並み、怖くないし、面白さも欠けている感じです。

日本の場合、ホラー映画が苦手な層に対して、ホラーを製作しているため、どうしても上記のような状況に陥るんですね。

がっつりホラー映画を作ってしまうと、苦手な人が見に来ない。

だから、ホラー映画なのに、ホラー要素を極力排除して、ホラーを製作しているのが、今の邦画ホラー業界でございます。

そんな状況で製作された本作は、近年の有名な、どの日本ホラー映画よりも、面白いし、怖い!

トップクラスのクオリティーを誇るホラー映画、それが『真・事故物件/本当に怖い住民たち』でございます。

ホラー映画のアイデアを、詰めるだけ詰め込んだ作品なのですが、アイデア同士が喧嘩せずに、ちゃんと融合している点が、とにかく素晴らしい。

思っていた内容とは良い意味で違っていて、とても楽しい映画でございました。

前半と後半でジャンルの異なるホラーが楽しめる

本作は、前半は雰囲気重視のホラー映画になっています。

韓国のホラー映画『真夜中の管理人』に近いものを感じましたね。

とにかく不気味で、映像に登場する全ての小物や人物が怪しい。

奇妙な現象が発生して、じわじわと恐怖を積み上げていくタイプのホラーでした。

最後まで雰囲気系ホラー映画で突き進むのかと思いきや、後半になって、真逆のホラー映画に変貌する点は、びっくりしました。

わかりやすいホラー描写の連続で、これはこれで十分に怖い!

前半のノリがあまり好きではなかった方でも、後半になると、結構、楽しめると思います。

グロ描写ありのホラー映画

本作は、後半にグロ描写がてんこ盛り状態です。

なので、苦手な人は注意が必要です。

とはいっても、とんでもないグロ描写ではないので、ご安心を。

グロ描写については、『テリファー』ほどではないので、グロ描写を目当てにしてしまうと、ちょっと微妙になるかもしれません。

というのも、本作のグロ描写は、割と淡々としているんですね。

『テリファー』のようなタイプの映画の場合、監督のこだわりが映像に出てきます。

しかし、本作の場合、グロ描写そのものに、こだわりがあるというよりも、必要だから描写するという感じになっています。

そのため、グロいというよりは、ひたすら痛々しい描写になっていますね。

痛々しいシーンであるため、グロ描写が苦手な私でも、普通に鑑賞することができました。

続編『真・事故物件パート2/全滅』

この記事を書いている時に、本作のことを調べていると、なんと続編である『真・事故物件パート2/全滅』の公開が控えていることを知りました。

本作は、思いの外、ヒットしたようで、続編は、2022年12月23日に劇場公開予定だそうです。

上映館については、公式ホームページでご確認ください。

基本的に大きな映画館での上映ではなく、単館シアター系の映画館での上映になります。

また、上映期間については、通常の作品に比べて短いと思うので、いつまで公開しているかは、作品公開後、公式ホームページでチェックする必要があります。

『真・事故物件パート2/全滅』ホームページ

Yahoo!映画での口コミレビューや評価

ヤフー映画『真・事故物件/本当に怖い住民たち』でレビューや評価をチェック!

今回のネタバレなし感想のまとめ

本作はオカルトメディア「TOCANA」の編集長・角由紀子さんが原案を務める作品らしいです。

そのあたりの情報は、鑑賞してから入手したのですが、それを聞いて「なるほど!」と納得してしまいました。

続編は、一体どのような進化を遂げているんでしょうね。楽しみです。


という事で、今回は『真・事故物件/本当に怖い住民たち』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事