怪奇蒐集者 西浦和也
(C)2014楽創舎
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、『怪奇蒐集者 西浦和也』という作品のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

西浦和也さんについて、私は存じ上げなかったのですが、元々はゲームの企画やプログラム関係の学校の講師といった仕事をしていた方らしいです。

怪談収集は趣味でおこなっていて、現在では、怪談関係の書籍や映像作品の企画なども手掛けているそうです。

『怪奇蒐集者 西浦和也』について

製作:2014年 日本

上映時間:1時間8分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

簡単なあらすじ

『北野誠のおまえら行くな』シリーズで構成作家を担当し、怪談系の書籍を出版する西浦和也氏が集めた怪談を6つ披露。

「爪の泥」「青い家」「相乗り」「闇」「猫の声」「ホテルの怪談」を収録。

今回利用した動画配信サービス

Amazonプライムビデオ

アマゾンのプライム会員であれば、無料で視聴する事ができます。ただし、配信期限があるので、興味がおありであれば、可能であれば、お早めの視聴をオススメいたします。

スタッフ・キャスト(出演者)

演出・編集:横山一洋

企画:小林忠

案内人:蜃気楼龍玉

出演者:西浦和也



怪奇蒐集者 西浦和也

おっさんのネタバレなし感想

ザ・怪談師!というような人ではなくて、良い意味でかなり普通の人という感じの西浦和也さん。

わかりやすく、そして聞きやすく怪談を語っていらっしゃるので、「あぁ、怪談を聞いているなぁ」という気持ちになれました。


今回は、様々なテイストの怪談があります。

不気味な怪談や、ゾクリとする怪談、素直に怖い怪談と、「これぞ、怪談」という感じでございます。

怪談がお好きな人には、オススメしやすい作品となっております。


怪談師さん特有のお芝居がかった語りではないため、お芝居調で語られる怪談が苦手な方でもチャレンジしやすいのが特徴です。

西浦和也さんは、趣味で怪談集めをしている、怖い話が大好きな普通のおじさんという感じ。

その普通な雰囲気が、怪談に一番マッチしていると、本作を鑑賞してみて、改めてわかりました。

今回のネタバレなし感想のまとめ

さほど期待しないで鑑賞したところ、これまでの『怪奇蒐集者』の中でも、1位2位を争うくらい、個人的には好きな回でございました。

怪談がお好きな方は、一度チャレンジしてみてください。


という事で、今回は『怪奇蒐集者 西浦和也』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

好みは分かれますが、「事故物件住みます芸人」の松原タニシさんの怪談は個人的には好きですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事