DOKUSO映画館(ドクソーエイガカン)
(C) DOKUSO映画館
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999です。

今回は映画のネタバレ感想ではなくて、とあるサブスクリプションサービスをご紹介いたします。

サブスクリプションとは、わかりやすくいうと、定額サービスというやつです。

1ヶ月○○円で、そのサービスを利用し放題って感じですね。

先々月だったか、焼肉屋さんの牛角がチャレンジして、あまりにも申し込みが殺到してすぐに取りやめた、あれです。

今回ご紹介するものは、動画配信サービスです。


動画配信サービスっていまや色々とありますよね。

Hulu、Netflix、dTV、U-NEXT、アマゾンプライムビデオ……などなど。

まだまだ沢山あります。

そんな風に増えすぎて、一体どのサービスを利用すればわからなくなってきている動画配信サービスですが、昨年からユニークなアプローチを行っているサービスが登場しています。


それが、ホラー映画に特化した動画配信サービス「オソレゾーン」です。

このブログの前身に当たるライブドアブログで運営していた「四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい」でも、取り上げた事がありました。

そして、ついに登場しましたね。。。

インディーズ映画に特化した動画配信サービス。

その名も……

DOKUSO映画館!

ドクソーエイガカン、と読みます。

独創……からきているのでしょうか?

DOKUSO映画館(ドクソーエイガカン)
(C) DOKUSO映画館

DOKUSO映画館(ドクソーエイガカン)

昨年から取り組みがスタートし、ついに2020年1月23日にサービスが起動しました。

価格は税込み月額980円となっていて、インディーズ映画という特性からいうと、決して安いサービスではありません。

しかし、このサイトの素晴らしいところは、クリエイターファーストを謳ったシステムを採用している点です。

作品の上映に関して、クリエイター側は支払いをしなくても良い仕組みになっており、全体の売り上げ35%分が、視聴時間に応じて作り手に支払われるのだそうです。


昨年の『カメラを止めるな!』は、単館シアターから火がついた映画で、ユニークな映画も多く存在するのがインディーズ映画市場です。

でも、単館系の映画館は、元気なところと、そうでないところの差が激しくて、どんどん閉館に追いやられている映画館も多くあります。

そんな中、インターネット上でインディーズ作品を視聴できるサービスが生まれたことは、すごく意味のあることだと思うんですよね。

なにより、作り手に利益が還元される仕組みに、わたしはしびれました。


欲をいえば、投げ銭みたいなシステムもあれば、なお良いかなぁ。

たとえ、つまらなく感じても、「次は頑張って!」という意味を込めて、気軽にお金をチャリンできるようになれば、クリエイターさんのモチベーションアップとブランディングに繋がるような気もするんですけどね。

その他にも、投票システムもあって、これからの活動に目が離せません。


現時点では、まだ上映作品は少ない状態ですが、作品自体はどんどん集まってきているようなので、映画好きな方は、ぜひチェックしてみてください。


そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!


●↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

●この記事をお読みのあなたにオススメの記事


●お問い合わせは下記よりお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事