九龍猟奇殺人事件
(C)2015 Mei Ah Film Production Company Limited
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、思っていたような内容の映画ではなかった作品『九龍猟奇殺人事件』のネタバレあり感想を書いていきたいと思います。

今回の感想では、『九龍猟奇殺人事件』の内容について書いております。

そのため、『九龍猟奇殺人事件』をまだ鑑賞していない方はご注意ください。



九龍猟奇殺人事件(字幕版)

スポンサードリンク

ネタバレなし感想

ネタバレなし感想では、感想だけでなく、予告編動画や簡単なあらすじ、本作を視聴できる動画配信サービスなどもご紹介しております。

ネタバレあり感想

人間ドラマにフォーカスしすぎた映画

実際の事件は、やはり凄惨なものだったのだと思います。

その事件からインスピレーションを得て製作された本作は、元ネタとなった本当の事件とは、かなり違う印象の作品になった模様。

観客としては、興味があるのは「犯人は誰なのか?」「動機は何なのか?」という点だと思います。


しかし、本作で描かれるのは、主人公刑事の苦悩、被害女性の閉塞感、加害者の孤独というものになります。

犯人は早々に自首してしまい、「犯人は誰なのか?」という興味は、早々に目標を達成。

では、次に「動機」について興味がいくのですが、これが描かれるまでに、3人のドラマを延々と見せられるという、興味のない人にとっては拷問ともいうべき描写が待っています。


自首しているなら、嘘かもしれないけど、ある程度の動機は判明すると思うのですが、頑なに動機は最後まで明らかにされず、ひたすら陰鬱なドラマを描く。

ドラマ部分を描きたいのであれば、裁判からスタートして、そこから時間を遡る方が、よほど見やすかったかな?


本作の場合、実際に描きたいものと、脚本の構成が、全くマッチしていないという点が最大の問題点でしょうね。

個人的には、人間ドラマにフォーカスしすぎて、映画である事を忘れてしまった悲しい作品という印象です。

犯人を美化した映画?

実際の事件については、私は知らないのですが、その事件についてご存知の方が見ると、本作はかなりの問題作であるらしいです。

というのも、犯人はかなり潔く、とても美化されているようなんですね。

一方の被害者女性はというと、かなり駄目な女性として描かれてしまっている。


しかし、実際のところ、被害者女性は、色々と物凄く頑張っていた女性で、犯人はかなり冷酷で残忍、往生際の悪い感じだったようです。

このあたりは、正直なところ、わかりませんけど、実際の事件をご存知の方は、本作の視聴は止めといた方が良い感じですね。


全体的に「犯人は悪くない」というテイストで、ストーリーが進行していくように、私は感じました。

むしろ、女性の方が悪いくらいの描き方で、「それはさすがにないんじゃないの??」って感じです。


実際の事件を取り扱っている以上、ピカレスク作品に仕上げることはできないと思うんですよね。

もし、ピカレスク作品を作りたいのであれば、実在する事件を題材にせず、普通にシナリオを書けば良い訳です。

そのため、監督が、なぜ犯人を美化する必要があったのか、そこが一番の謎だったりしますね。

レビューや評価

香港も随分と荒んでいることは解かったので、一見の価値はあったとしておこう。

Yahoo!映画『九龍猟奇殺人事件』

個人主義のお国柄なのか、貧困のせいなのか、他人に何の興味無い人間関係の方が私は恐怖でした。

Yahoo!映画『九龍猟奇殺人事件』

少女は何故、自分を殺してくれと売春相手の男に頼んだのか、また犯人の男は何故ここまで、遺体を無残に扱ったのか双方の動機が今一伝わってこない。

Yahoo!映画『九龍猟奇殺人事件』

今回のネタバレあり感想のまとめ

香港映画を良く鑑賞する方にとっては、割と満足度の高い映画だったようです。

ただ、私のように、普段からエンタメ系作品を鑑賞している者からすると、イマイチという評価のようです。

雰囲気は良かったので、次に日本にやってくる時は実際の事件ではなく、オリジナルの脚本でお願いしたいところ。


という事で、今回は『九龍猟奇殺人事件』のネタバレあり感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray



↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事