呪怨:呪いの家
Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999です。

清水崇監督の代表作であるホラー映画『呪怨』が、なんとNetflixでドラマ化されることが判明いたしましたぜ!

ま、まじか……。

タイトルは『呪怨:呪いの家』。

今回は清水崇さんが監督や脚本を務めるのではなく、他の方に制作をお任せする形になるようです。

実話をモチーフにした起源の物語

「『呪怨』は実話が基になっているのでは?」と思っている方も多くいらっしゃるかもしれません。

映画に登場するような事件は存在しないものの、『呪怨』では、実際に起きた出来事を参考にして製作されたそうなのです。

今回のドラマ版では、今までフォーカスされることのなかった、例の家で起きた数々の忌まわしいストーリーが描かれるそうです。

これまでの『呪怨』は、伽倻子や俊雄といった存在が、フレディやジェイソンのように登場人物の前に現れ、わかりやすく恐怖を観客に与える視覚的ホラーを意識して作られてきました。

しかし、今回のドラマ版では、よりリアルさを追求したものになるそうです

今までの作品でも、心理的ホラーの側面を持つことはありましたが、『呪怨:呪いの家』のように、それをメインに据える作品は本シリーズにはありませんでした。

そのため、雰囲気映画好きとしては、ぜひともチェックしておきたいところ。

『呪怨:呪いの家』予告編

邦画ホラー特有の生々しい不気味さを感じることができる、なんとも怖い予告編でございます。

脚本は『女優霊』の高橋洋氏!

『呪怨:呪いの家』のシナリオを手がけるのは、『女優霊』『リング』の高橋洋さんとなります。

ま、まじか……?!

高橋洋さんといえば、最近では『霊的ボリシェヴィキ』が記憶に新しいところ。

奇妙奇天烈な作品を手がけることもありますが、良質な雰囲気映画を生み出す方なので、これは期待できます。

監督は、三宅唱さん。

ホラー映画は本作で初めての挑戦ということらしいです。

今までは、人間ドラマをメインに製作されていた方だそうです。

本作は、これまでのシリーズ作品とは違うテイストになりそうな予感。

今回のまとめ

『呪怨:呪いの家』は、Netflixにて、2020年7月3日(金曜日)に全世界配信予定。

全6話構成になっています。

ホラー映画好きなら要チェックな作品、間違いなしです。

楽しみですねぇ。


そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

参考記事

ホラー通信さん:『呪怨』がNetflixでドラマシリーズ化 高橋洋脚本『呪怨:呪いの家』2020年夏より全世界配信

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

お問い合わせは下記よりお願いいたします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事