デビルズ・ソナタ
(C) 2018 THE PROJECT FILM CLUB - FEATURISTIC FIMS - CTB FILM COMPANY - TASSE FILM
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、雰囲気系ホラー映画『デビルズ・ソナタ』のネタバレなし感想を書いていきませぅ。

『デビルズ・ソナタ』をまだ鑑賞していない方は、できれば、『デビルズ・ソナタ』をご鑑賞の上、この感想をお読み頂ければと思います。


ネタバレなし感想

ネタバレなし感想では、感想だけでなく、予告編動画や簡単なあらすじ、キャスト名なども掲載しております。

ネタバレあり感想

結末は観客に委ねられる

『デビルズ・ソナタ』のエンディングは、悪魔に乗り移られたローズが、ヴァイオリンを使って、自分の音楽を人々に聞かせるというものでした。

普通の映画であれば、悪魔によって未知の扉を開け、新しい世界へアップグレードする様子が描かれるはずですが、残念ながら、『デビルズ・ソナタ』では、明確な結末を観客に示してはくれませんでした。

最初から最後まで、不気味な雰囲気を貫いていたので、この終わり方は、雰囲気映画を好む私としては好印象でございます。


『デビルズ・ソナタ』は、世界が変わる手前の、「過程」を描いた作品なのだと思います。

世界はどのように変わるのか。

闇の騎士団が目指した「真の平和と秩序」が訪れるのかもしれません。

未知の扉を開くとも劇中ではあったので、平和や秩序とは無縁の、全く新しい世界がやってくるのかも。

もしくは、それらのような事は発生せず、呼び出された悪魔による、悪魔のための世界になるのかしら。


いくつもの見方ができるようなエンディングになっていて、鑑賞後、自分自身と対話して、「自分なら、新しい世界をどのように考えるか」を思考できるようになっています。

内容そのものも面白くて、さらに見た人間に自然と何かを考えさせようとする、素晴らしいシナリオだと、おっさんは思っております

レビューや評価

最終的にはデビルマンを呼び出す為の楽曲だったわけですが、いかんせ最後の悪魔の造形がしょぼい。

Yahoo!映画『デビルズ・ソナタ』

今回のネタバレあり感想のまとめ

ほとんど期待せずに鑑賞したのですが、DVDをレンタルして良かった。

こういう出会いがあるから、B級映画・Z級映画の鑑賞は止められない。

万人受けはしないけれど、雰囲気重視の鑑賞スタイルの方には心に刺さる映画でした。


という事で、今回は『デビルズ・ソナタ』のネタバレあり感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事


雰囲気系映画がお好きであれば、オススメしたい映画。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事