インスタ・オブ・ザ・デッド
(C)2018 Realm Productions Inc. All Rights Reserved
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、パリピ感はんぱないDVDジャケットを意識せざるをえないゾンビ映画『インスタ・オブ・ザ・デッド』のネタバレなし&ネタバレあり感想を書いていきませぅ。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』の概要

原題:『ZOMBIES ANONYMOUS』
製作:2018年アメリカ
日本公開日:???
上映時間:1時間20分
オススメ度:★☆☆☆☆(一つ星)

原題についてなのですが、劇中で登場するのは『ZOMBIES ANONYMOUS』です。

しかし、Yahoo!映画やTSUTAYAなどの映画サイトでは『ANONYMOUS ZOMBIE』『UNDEAD TO ME』のふたつが存在していました。

他のどのサイトにも、映画の冒頭で登場している『ZOMBIES ANONYMOUS』について書かれていないのが、なぜか不気味……。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』の予告編動画

日本版予告編↓

海外オリジナル版↓

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』のあらすじ

薬物依存症の患者たちが集まる郊外のリハビリ施設。

社会復帰を目指してサポートする施設のはずだが、指導員のような人物は一人だけ。

しかも、その人物はどうやらアルコール依存症のようだ。

他の従業員がいない変な場所に集まった若者たちは、突然ゾンビ集団に遭遇。

次々とゾンビの餌食になる若者たち。

果たして、彼らはこの場所から逃げることができるのだろうか?

◆今回利用したDVDレンタルサービス


【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』を視聴できる動画配信サービス

動画配信サービス 配信の有無 注意事項
U-NEXT レンタル
2021年1月8日まで
Hulu なし
Amazonプライムビデオ レンタルor購入
dTV なし
【TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS】 レンタルor購入
2021年1月8日まで

2020年3月5日時点の情報です。最新情報につきましては、各サイトにてご確認ください。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』のスタッフ・キャスト(出演者)

監督・脚本:リチャード・マックイーン
脚本:アダム・バンス

キャスト:ジェームス・マリンジャー、ジェシー・ラポイント、コートニー・アルセノー、カイル・ウィルズ、アーサー・ハッサン、シェルドン・ガーランド、リア・ウォーレン、ショーナ・スチュワート、デビッド・クック、フィリップ・サベージ、スコット・ボッセ




インスタ・オブ・ザ・デッド(字幕版)

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』のネタバレなし感想

●緊張感皆無のゾンビ映画

本作は、一応コメディになっています。

DVDのジャケットもコメディー調になっています。

でも、DVDジャケットのような陽気な映画ではありません。

いや、まぁ、陽気っちゃあ、陽気なんですけどね。


コメディーであっても、基本的にダダ滑りしている作品となっておりまして、物語が動き出すまでに30分ほど時間がかかります。

しかも、それまで、一体なにを見せられているのか、全くわからないという、とんでもない映画でございます。

いくら低予算であっても、物語をもう少しマシにできたと思うのですが、シナリオを手掛けた方々は、一体なにを思って、これを書いたんだろう??


全編通して、ゾンビ映画特有の緊張感や恐怖もナッシング。

最後まで鑑賞するのは、結構、苦労するタイプの映画でした。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』の良い点

●ゾンビのメイクは良かった

低予算映画でありながらも、ゾンビのメイクは、なかなか良かったですね。

なかなか良いだけに、もうちょっとゾンビを上手に使って欲しかったところ。

予算だけでなく、撮影期間もかなり制限されていたのかな?

●変な中毒性がある……のか?

個人的にはオススメできない映画です。

なんですが……この記事を書いている段階で、「もう一回、観てもいいかな??」と思っている自分がいます。

なにこれ、怖い。

とんでもなく、アレなクオリティーだったのに、どうして、このように感じるのか……全くわからない。

もしかしたら、ハマってしまうと抜け出せなくなる、妙な魅力があるのかもしれません。

知らんけど。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』の悪い点

●インスタの要素はない

邦題にもなっていて、DVDジャケットにも自撮りしているゾンビがいるので、インスタ映えを忘れられないゾンビが、他のゾンビとは違って、ひたすら自撮りしまくる感じのコメディー映画かな?って思っていたら……

そもそもインスタ要素皆無!

なんやねん!!

本編では、脇役カップルがスマホ依存症らしいのですが……別にその要素、必要なくね??

とにかく、今回はDVDジャケット詐欺、邦題詐欺甚だしい作品となっておりますので、このあたりはバッドポイントです。

●ちょっと汚い

下品だったり、グロ描写があるのは良いのですが、本作はちょっと汚いんですよね。

もうどストレートに汚い。

さすがに、その汚い部分を思い切り映したりしていないので、まだ良いのですが、個人的には、ちょっと気になりました。

ストーリーの都合上、必要な部分であれば、もちろん大丈夫なのですが、本作では、それが笑いを狙っているような感じで登場させているので、ちょっと拒否反応が出てしまいました。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』のレビューや評価

YAHOO!JAPAN映画には本作のページがありましたが、他の方のレビューはありませんでした。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』のネタバレなし感想のまとめ

ここまでDVDのジャケットや邦題と中身が違うと、腹立たしさを通り越して、感心すらしてしまう。

そんな映画ですね、『インスタ・オブ・ザ・デッド』。

ウェーイ系ゾンビって面白そうなので、誰か、ウェーイ系ゾンビ、パリピ系ゾンビの映画を作ってくれませんでしょうか?

ちなみに、この映画、全くオススメいたしませぬ。

「Z級映画を定期的に摂取しないとダメなんだー!!」って方以外には、オススメできない映画となっております。


という事で、ここまでは『インスタ・オブ・ザ・デッド』のネタバレなし感想でした。

これより下には、ネタバレありの感想を書いております。おっさん999のネタバレあり感想に興味がおありの方については、本作の鑑賞を終えた方のみ、ネタバレありの感想に目を通して頂けると幸いです。


そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

●DVD・Blu-ray

本編よりもジャケットが面白いのは、もはや反則でしょうが。

●↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

●この記事をお読みのあなたにオススメの記事

●お問い合わせは下記よりお願いいたします。

◆『インスタ・オブ・ザ・デッド』のネタバレあり感想

そんな訳で、ここからはネタバレを含んだ、おっさんの感想を書き連ねていきたいと思います。

インスタ・オブ・ザ・デッド
(C)2018 Realm Productions Inc. All Rights Reserved

●マンハントのアイデアを活かせず

ちょいちょい、劇中で主人公たちがいる施設が、実はリハビリ施設ではないことが示唆されます。

ゾンビを研究しているクレイジーなおっさんが、依存症の若者を集めて、実験という名のマンハントを行っていました。

人を使って仲間内での賭け事もおこなっていたようで、冒頭でのゾンビ襲撃シーンは、この施設で発生した、ごく一部地域での出来事でした。

だから、ゾンビがいるのかいないのか、よくわからない世界観だったのか……。


でも、だったら、冒頭のシーンはいらないようにも思うのですが……。

意味不明な施設でのシーンを作るより、このマンハント部分を切り取って、ここだけで映画を作った方が、まだ良かったのに、勿体ないなって感じですね。

クレイジーなおっさんも、薬物依存症だし、一体なんなの、この映画??

このあたりの設定も、取ってつけたようなものだったので、結局のところ、この映画は何を思って作ったんだろう?って疑問が、鑑賞後に頭をかすめる、そんな作品でございました。


という訳で、今日はここまで。

本当に最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事