パフューム ある人殺しの物語
パフューム ある人殺しの物語(原題:PERFUME:THE STORY OF A MURDERER)
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、ホラー映画っぽいけど、今までずっとスルーしていた映画『パフューム ある人殺しの物語』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

ずっと気になっていたのですが、2時間以上の作品というのは知っていたので、視聴する覚悟がなかなか出ませんでした。

ようやく覚悟ができて鑑賞。

もちろん、事前情報ナッシング状態でございます。

スポンサードリンク

『パフューム ある人殺しの物語』について

原題:『PERFUME:THE STORY OF A MURDERER』

製作:2006年ドイツ・フランス・スペイン

日本公開日:2007年3月3日

上映時間:2時間27分

年齢制限:PG-12

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

予告編動画

簡単なあらすじ・内容

18世紀のパリは、現代とは違い、悪臭の立ち込める場所であった。

そんな中でも、ひときわ独特な臭いの立ち込める魚市場で、一人の赤ん坊が産み落とされた。

名前はジャン=バティスト・グルヌイユ。

彼には、他の者にはない驚異的な嗅覚が備わっていた。

成長したグルヌイユは、念願だった都会へ足を運ぶことになる。

グルヌイユはそこで、今まで出会ったことのない、素敵な臭いと出会う。

それは、ある少女の体臭であった。

ひょんな事から、グルヌイユは少女を殺害してしまい、少女の体臭が消えてしまったことに、深く動揺する。

その日を境に、グルヌイユは、少女の香りの再現を夢見るようになり、やがて調香師を志すようになった。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『パフューム ある人殺しの物語』

会員であれば、見放題にて鑑賞可能。

配信期限は2022年2月19日まで。

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


Amazon『パフューム ある人殺しの物語』

動画レンタル、もしくは動画購入にて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2021年7月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。


dTV

dアカウントをお持ちの方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2021年7月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。

スタッフ

監督・脚本・音楽:トム・ティクヴァ

脚本:アンドリュー・バーキン、ベルント・アイヒンガー

原作:パトリック・ジュースキント『香水 ある人殺しの物語』

製作:ベルント・アイヒンガー

製作総指揮:フリオ・フェルナンデス、アンディ・グロッシュ、サミュエル・ハディダ、マヌエル・マーレ、マーティン・モスコウィック、アンドレアス・シュミット

音楽:ジョニー・クリメック、ラインホルト・ハイル

撮影:フランク・グリーベ

キャラクター:キャスト(日本語吹き替え版声優)

ジャン=バティスト・グルヌイユ:ベン・ウィショー(佐藤淳)

ジュゼッペ・バルディーニ:ダスティン・ホフマン(谷口節)

リシ:アラン・リックマン(五王四郎)

ローラ:レイチェル・ハード=ウッド(世戸さおり)

ナレーション:ジョン・ハート(納谷六朗)



パフューム ある人殺しの物語 (字幕版)

おっさんのネタバレなし感想

想像していた映画とは全く違う作品だった

劇場公開時にポスターは見ていたものの、予告編については視聴した記憶がありません。

そのため、美しいポスターとタイトルから、なんとなくスタイリッシュなスリラー物かな?とか考えていたんですよね。

今回、鑑賞する時にも、そのイメージで視聴をスタートしました。


映画が始まって、数分で、私はかなり困惑しました。

あまりにも、イメージしていたものとはかけ離れた映像が流れてくるからです。

「あれ?間違えた??」って一瞬思うくらい、想像していた映画とは違っておりました。

というか、違いすぎて、呆気にとられる状態。


シリアルキラーの物語かと思いきや、超人的な嗅覚を持つ主人公のドラマで、特にスタイリッシュな演出などもない感じ。


さらに、私は本作のストーリーについて、実話だと思っていたんですよね。

ところが、実話ではなくて創作だったということで、ここでも思っていたのと違うことに「うーん……」と唸ることになりました。

人を選ぶ映画

本作は、人にオススメできるような類の作品ではありませんね。

クオリティーが問題というのではなくて、演出面と脚本面において、かなりクセが強い。

特に、脚本面は、普通の展開ではありません。


演出面でいえば、冒頭から、結構気持ち悪い場面が登場しますし、全体的に生理的嫌悪感を抱くようなシーンが多い印象。

脚本面では、尖りすぎている部分がある感じです。

脚本については、原作があるので仕方がないのですけどね。


とにかく好き嫌いのはっきり出る作品。

うっかり人にオススメしてしまうと、信用をなくすレベルで、癖のある映画でございました。

口コミレビューや評価

ちょっとこわげだけど、時代感がずれているのでファンタジーとして観られます。

Yahoo!映画『パフューム ある人殺しの物語』

匂いの映像化って難しいと思うし、実際この映画を観て香りを感じることはできなかったけど、観て楽しむことはできた!

Yahoo!映画『パフューム ある人殺しの物語』

世界観に飲み込まれました。

Yahoo!映画『パフューム ある人殺しの物語』

今回のネタバレなし感想のまとめ

ダスティン・ホフマンが出演していたのにはビックリしました。

アラン・リックマンは、まだわかるのですが、ダスティン・ホフマンは意外すぎです。

なんとも形容しがたい作品という事で、生理的嫌悪感の出るようなシーンは大丈夫!という方であれば、チャレンジしてみても良いかもしれません。


という事で、今回は『パフューム ある人殺しの物語』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

ネタバレあり感想

DVD・Blu-ray・原作小説





↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事