『デモニック』のネタバレなし感想/雰囲気重視の少しSF要素のある玄人向けホラー映画
(C)2021 Unlocked Financing and Distribution, LLC and Lock The Door Productions. LLC All Rights Reserved.
スポンサーリンク

映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、『第9地区』『エリジウム』『チャッピー』を生み出したニール・ブロムカンプ監督の作品である『デモニック』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

ジャンルとしては、ホラーSFになる感じかな?

スポンサードリンク

『デモニック』について

原題:『DEMONIC』

製作:2021年カナダ

日本公開日:2022年2月4日公開(未体験ゾーンの映画たち2022)

上映時間:1時間45分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

販売:ニューセレクト(アルバトロス)

予告編動画

簡単なあらすじ

過去に色々なことが起こりすぎて、生まれ育った故郷を離れていたカーリーだったが、故郷に戻る決心をした。

故郷に帰ってくると、幼馴染の男性から突然、連絡が入る。

彼は、ある仕事をするために、医療施設に出向いたのだが、そこに、カーリーの母親アンジェラが意識不明の状態で横たわっていたという。

アンジェラは、老人ホームに放火し、大量殺人を引き起こしていた。

そのことで、カーリーは、母親と絶縁状態にあったのだが、意識不明とは、一体どういうことなのか?

刑務所にいる間、アンジェラの身に何があったのか。

真相を知るべく、カーリーは、医療新興会社セラポールへと向かうのだった。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『デモニック』

会員の方でも、追加料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


Amazonプライムビデオ『デモニック』字幕版

Amazonプライムビデオ『デモニック』吹替版

プライム会員の方でも、追加料金が必要です。

動画レンタル、または動画購入で、視聴が可能でございます。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。


dTV

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。


music.jp

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。

スタッフ・キャスト

監督・脚本・製作:ニール・ブロムカンプ

製作:マイク・ブロムカンプ、スチュアート・フォード、リンダ・マクドナフ

製作総指揮:アラステア・バーリンガム、チャーリー・ドンベク、ヴィクトル・ミュラー、ミゲル・パロス、スティーブン・スト・アーノード

撮影:バイロン・コップマン

出演者:カーリー・ポープ、クリス・ウィリアム・マーティン、マイケル・J・ロジャーズ、ナタリー・ボルト、キャンディス・マクルーア、テリー・チェン


デモニック(字幕版)

おっさんのネタバレなし感想

SF要素少なめの雰囲気系ホラー映画

レンタルした『人狼ゲーム 夜になったら、最後』に収録されていた予告編を見て、気になっていた作品。

早速レンタルして鑑賞したのですが、思っていた内容とは違っていて、少しガッカリしてしまいました。

とはいえ、面白くないのか、というと、そうではありません。

好みが分かれる作品ではありますが、個人的には、結構、好きな作品となっております。

全体的に荒削りなストーリーが目立つのですが、私としては、世界観や作品の空気感が好きな感じ。

派手さはないけれど、ハマれば、余韻に浸れる作品だと思います。

ホラー的な演出は多くありませんが、不気味な雰囲気を楽しむことのできる映画ですね。

アイデアを活かしきれなかった

本作は、大きなアイデアが3つあるんですね。

ひとつは、仮想現実世界。

これは、被験者の頭の中に入って、被験者の意識そのものと対話するというもので、仮想現実世界というか、夢の世界といった方が良いのかもしれません。

描写が、一昔前のゲームのようなものになっていて、個人的には大好きな演出でした。


ふたつめは、悪魔祓いですね。

近代的な悪魔祓いとなっており、B級映画的なアイデアになっています。

3つめは悪魔。

本作に登場する悪魔は、人に依存しないと物質世界に干渉できない存在のようで、悪魔の描写も、なかなかに良かったです。

この3つの要素を上手く組み合わせながら、物語を展開できれば、かなりの良作になったと思います。


ただ、予算的な都合なのか、残念ながら、3つの要素は、あまり上手に噛み合っていない感じでございました。

確かにそれぞれのアイデアは、掘り下げようと思えば、際限なく掘り下げることができてしまい、ひとつのアイデアで映画1本は作れてしまうんですよね。

それだと、ストーリーが転がらないから、そこそこで掘り下げをやめるという決断をしたのかもしれません。

ですが、個人的には、上手く融合できるように、シナリオを詰めて欲しかったなぁって思います。

見たかったシーンがカットされていたり、あまり登場しなかったりと、期待していた内容と実際の内容との乖離が、わりとある点は残念ですね。

Yahoo!映画での口コミレビューや評価

ヤフー映画『デモニック』でレビューや評価をチェック!

今回のネタバレなし感想のまとめ

世界観や設定は素敵なものなので、本作だけで終わるのは、もったいないと思うんですよね。

ミニシリーズで製作して欲しいところです。

誰かにオススメしにくい映画ではありますが、雰囲気映画がお好きな方にはオススメした、そんな映画です。


という事で、今回は『デモニック』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray


↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事