デス・マングローヴ ゾンビ沼
(C)2008 Fábulas Negras – All Rights Reserved.
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、ブラジルのパワーを存分に堪能できるZ級ホラー映画『デス・マングローヴ ゾンビ沼』のネタバレあり感想を書いていきたいと思います。

本作をまだ鑑賞していない方は、出来れば、本作をご鑑賞後にこの感想をお読み頂けたらと思います。



ネタバレなし感想

ネタバレあり感想

ゾンビではなくエイリアン?

本作の邦題には「ゾンビ沼」と書かれているので、鑑賞する時はゾンビ映画を期待してしまうと思います。

私も、本作をニコニコ動画で初めて視聴した時は、ブラジルのゾンビ映画を期待して鑑賞いたしました。

でも、本作はゾンビ映画という訳ではないんですよね。



確かに死体らしきものが勝手に動き始めて、生きている人間に襲いかかったり、肉を食べたりしています(肉を食べるシーンは終盤にワンカットだけあります)。

けれど、ゾンビ映画につきもののセオリーは本作に登場しません。

死体が動き出す部分はゾンビっぽいけれど、その他の部分でゾンビ映画らしさがあまりありません。

そのため、ゾンビ映画を期待すると絵面の汚さも相まって「何、これ?」状態になる事、間違いなし状態。



本作を改めて鑑賞すると、「これ、ゾンビというよりもエイリアン系なのでは?」という思いが湧き上がりました。

かつて蟹とか魚がたくさんいたはずの劇中の沼は、水質汚染されてしまい、生き物が汚染されている状態で、何やら怪しい生物も蠢いている様子。

その怪しい生物というのが、本作では序盤から食べられている牡蠣。

物語の途中で牡蠣が動き始めて人を襲ったり、終盤では人の口から登場したりと、かなり奇妙な動きを見せてくれます。



どうやら、異様な成長を遂げた牡蠣が、今回の騒動に一役買っている模様。

その様子は、あれですね、『ヒドゥン』とか『ヒドゥン』をパクった『13日の金曜日ジェイソンの命日』みたいです。

口の中から人体に入り、人を操るエイリアンのような展開。

寄生型のエイリアン物だと思うと、序盤からの展開には、ある程度、納得してしまう。



牡蠣が水質汚染で正体不明の生物に変貌したというよりも、隕石か何かが落下してきて、謎の物質が牡蠣に影響を与えたとか、牡蠣に寄生したとか、そういうストーリーの方が、恐怖を煽る点では良かったように感じました。

本作の場合は、やりたい事をやる!という精神で製作されているっぽいので、そこまでは、敢えて考えずに作っちゃったのかもしれないですけどね。

ゾンビのビジュアルは、1980年代のホラー映画っぽい感じがして、個人的には素晴らしく感じたので、エイリアン牡蠣のビジュアルも、もう少しグロテスクにして欲しかったなぁ。

レビューや評価

この手の映画にしては面白い方かも・・・。

Yahoo!映画『デス・マングローヴ ゾンビ沼』

登場人物や場所が限られてるのに、委細構わず、
とにかく非常に高い温度の熱気で押し切ってくるスタイル
は嫌いになれません。

Yahoo!映画『デス・マングローヴ ゾンビ沼』

エスニック感漂う怪作でした。ゾンビ映画上級者にオススメです。

Yahoo!映画『デス・マングローヴ ゾンビ沼』

今回のネタバレあり感想のまとめ

Z級映画ではあるけれど、優等生のような作り方をしなかったため、印象に残る作品に仕上がった『デス・マングローヴ ゾンビ沼』。

こういう熱量のある映画は嫌いじゃないですね。

オススメはしないですけれど。


という事で、今回は『デス・マングローヴ ゾンビ沼』のネタバレあり感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!


↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ


この記事をお読みのあなたにオススメの記事

カナダのハイテンションな変化球ゾンビ映画です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事