ダスト・ウォーカー
(C)2018 THE DUST WALKER ALL RIGHTS RESERVED
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、SFホラー映画『ダスト・ウォーカー』の感想を書いていきたいと思います。

『ダスト・ウォーカー』について

原題:『THE DUSTWALKER』

製作:2019年オーストラリア

日本公開日:2020年1月11日(「のむコレ」にて上映)

上映時間:1時間35分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

予告編動画

簡単なあらすじ

いつもの朝。いつもの1日が始まるはずだった。

発電所で問題が発生しているらしく、職員が修理に向かうも、全く改善しない。

派遣したもうひとりの職員も音信不通になってしまう。

一方、町の様子がいつもと違う。

一部の住民が、空を見上げ、呆然としているのだ。そして、フラフラと、さまよい歩き始める。

犬やネズミの奇妙な死体が町中で発見され始め、町はじょじょに謎の緊張感に包まれるのだった。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT

会員は見放題にて視聴可能。配信期限があるので注意してください。

本ページの情報は2021年4月15日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


Amazon

アマゾンプライム会員であれば、字幕版は、追加料金無しで視聴可能(視聴期限があるのでご注意ください)。

アマプラ会員でない方は、動画レンタル・動画購入にて鑑賞する事ができます。

2021年4月15日時点のものです。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。


dTV

動画レンタルにて視聴可能(視聴期限があるのでご注意ください)。

2021年4月15日時点のものです。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。


【TSUTAYA DISACS/TSUTAYA TV】

TSUTAYA TVでは、動画レンタル、動画購入にて視聴可能。レンタル・購入期限は2023年1月23日まで。

2021年4月15日時点のものです。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。

スタッフ・キャスト(出演者)

監督:サンドラ・スキベラス

出演:ジョリーン・アンダーソン、ステフ・ドーソン、タリーナ・ナヴィード、ハリー・グリーンウッド



ダスト・ウォーカー(字幕版)

おっさんのネタバレなし感想

見る人を選ぶ雰囲気系ホラー映画

ジャケット写真を見て、B級のエイリアン映画かと思って鑑賞した、おっさんでございます。

本作を視聴してみると、これがかなり良い感じの雰囲気系ホラー映画でございました。

これは、かなり見る人を選ぶ感じですね。


YAHOO!映画では、本作に対する評価が、かなり低いのですが、確かに本作を「良かった!」って感じることのできる人は少数派かも。

個人的には、細かい部分を整えていれば、四つ星は付けたいという感じでございまして、風変わりな映画をお好みの方には、刺さるかもしれません。


雰囲気系ホラー映画であるため、ストーリー進行はゆっくり。

派手なアクションも、これといって存在せず、全体的にとても地味な印象です。

しかし、なんともいえない不気味な空気感を、とても大切にしているホラー映画です。


個人的に残念だった点は、シーンとシーンのつなぎ方ですね。

このつなぎ方が悪くて、どういう状況の場面なのか、一瞬わからずに混乱してしまう所が多々ありました。

特に後半の展開において、それが顕著に表れるので、その度に「???」となってしまいました。

アマプラで視聴したから巻き戻せるけれど、映画館で見たら、訳がわからなくなるかも。


とはいえ、低予算で制作されているにも関わらず、チープな仕上がりにならないように、精一杯努力していることが垣間見える作品と、私は感じました。

謎は解明されないタイプの映画

本作では、地味ながらも、様々な謎が展開されていきます。

しかし、劇中では、ほとんど、その謎が解明されることなく、ストーリーが終了。

この点においては、好みの分かれる映画といえますね。


ヒントは、色々と散りばめられているため、観客が考察できるような構造になっているタイプの映画です。

登場人物たちは、結局、最初から最後まで、何もわからないという状況ですが、観客はそのようにならない点は好印象。

私は、謎が明かされないという点については、とても好意的に受け止めております。

むしろ、劇中で説明をしなかったからこそ、本作を結構面白く感じたと考えているくらい。


昔ながらの、王道のSFホラー映画を楽しく鑑賞できる方であれば、普通のB級ホラー映画として楽しめるのではないでしょうか。

レビューや評価

わけわからず10分後に何事もなく平穏に戻るというクソ映画。

YAHOO!映画『ダスト・ウォーカー』

ストーリーが支離滅裂。シーンの繋ぎもめっちゃくちゃ。

YAHOO!映画『ダスト・ウォーカー』

何もかもが中途半端で意味不明!

YAHOO!映画『ダスト・ウォーカー』

今回のネタバレなし感想のまとめ

ビジュアル重視のSFホラー映画を期待し続けて鑑賞すると、大失敗するタイプの映画でした。

個人的には、四つ星にするかどうか悩むくらいには、大好きな系統のホラー映画。

雰囲気系ホラー好きには、十分にオススメできる作品です。

ただ、雰囲気系の映画が好きでないなら、オススメは致しません。


という事で、今回は『ダスト・ウォーカー』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

ネタバレあり感想

動画




↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事