MARA/マーラ
(C)Mara The Film, LLC
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、巷では『リング』『呪怨』に似ていると言われているらしいホラー映画『MARA/マーラ』のネタバレあり感想を書いていきたいと思います。

今回の感想では、『MARA/マーラ』の内容をガッツリと書いております。

まだ『MARA/マーラ』を鑑賞していない方は、映画を鑑賞してからお読み頂けると幸いです。



MARA/マーラ(字幕版)

スポンサードリンク

ネタバレなし感想

ネタバレなし感想では感想だけでなく、映画の簡単なあらすじや予告編動画、本作を視聴できる動画配信サービスをご紹介しております。

ネタバレあり感想

捻りはないけど素直なシナリオ

終盤近くにならないと、マーラが出現した理由が登場しない本作。


そのため、私は、睡眠障害について悩んでいる人をセラピーしている医者が、事件に絡んでいるって思っていたんですよね。

眠りの研究にのめり込んでいく内に、マーラの存在を知って、マーラを呼び出すために、不眠に悩んでいる人を利用しているのではないか。


このドクター、お金のかかった治療部屋を所有していて、「私の読みは正解かな?」と鑑賞しながら、ほくそ笑んでおりました。

実際、本作でキーマンとなる人物ドギーを見殺しにしたとも取れる流れがあったので、確信したのですが……。


結局のところ、睡眠セラピーをしていたお医者さんは、なんの関係もない方で、「嘘でしょ?!」って、一人で叫んでしまいました。

素直すぎる展開に、かえってビックリしてしまいました。

絶対に一捻り脚本に入れてくると思ったんだけどなぁ……。


奇抜なアイデアで勝負ではなく、起承転結をしっかり準備した上で、西洋的なホラーと東洋的なホラーを上手にミックスさせたクオリティーの高いB級ホラー映画でした。

マーラ発生理由が少し雑だった

マーラがなぜ出現したのか。


マーラが現れる前に、大きな事件や事故が絡んでいるらしい。

その当事者が罪悪感を抱えていると、どこからか、マーラがやってきて、その人物を殺してしまう。

厄介なのは、きっかけになる事件・事故に関係のない人に、マーラの呪いが感染する性質がある点。


終盤になって、主人公は、タカハシという日本人が、日本で事故を過去に起こしていて、罪悪感をずっと抱えていた事を突き止めます。

このあたりが、結構ざっくりしているなぁという印象が残って、少し残念。


日本で事故を起こしているなら、日本でマーラが現れるような感じがするんですよね。

時間差で現れたという事で納得はできるのだけど、もうひとつ、きっかけとなる要素が欲しかった。


例えば、かつてマーラに殺された人物の書いた日記をタカハシが入手する。

そして、タカハシがその日記を読んでしまい、マーラを認識。

罪悪感を抱えて過ごしていたタカハシの元にマーラが現れ、呪いが感染していく……。

そうすれば、もうちょっと納得できるような感じがするんですけれどね。

好みの分かれる結末

本作の結末は、ホラー映画らしいものになっています。

「なるほど!」と納得できるような終わり方で、結構、上手いラストだったと思います。

上手いというよりも、綺麗といった方が良いのかな?


とにかく、個人的には良い感じのエンディングでございました。

ただ、ホラー映画をあまり鑑賞していない方からすると、バッドエンドとなる本作の結末は許容できないかもしれません。

そういう意味では、好き嫌いの分かれるラストといえます。

レビューや評価

貞子や伽椰子を見慣れてるせいか全然怖くなかった。残念。

Yahoo!映画『MARA/マーラ』

怖い、っていうかジャパニーズホラー好きなんだろうなあこの監督、ってかんじ。

Yahoo!映画『MARA/マーラ』

今回のネタバレあり感想のまとめ

シンプルなホラー映画という事で、鑑賞しやすい作品でした。

もうちょっと話題になっても良いと思うんですけどね。

個人的には良い拾い物という感じで、鑑賞してみて良かったです。


という事で、今回は『MARA/マーラ』のネタバレあり感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさんでした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray



↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事