アトラクション-制圧-
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999です。

今回はロシアのSF映画『アトラクション-制圧-』をご紹介いたします。

Amazon プライムビデオでは、無料で視聴できたのが吹替版だったので、今回は吹替版での鑑賞となりました。


『アトラクション-制圧-』については、2020年1月13日現在、DVDの販売はおこなわれていないようです。

アマゾンプライムビデオやRakutenTV、YouTubeなどで、動画を購入したり、レンタルしたりはできますので、購入したい方は、お気をつけください。


なんかタイトルの付け方といい、作品のポスターの作り方といい、なんか『スカイライン -征服-』っぽいのが心配です……。

そんな訳で、『アトラクション-制圧-』のネタバレなし&ネタバレあり感想を書いていきませぅ。

◆『アトラクション-制圧-』概要

英題:『ATTRACTION』
製作:2017年ロシア
日本公開日:2017年8月8日公開
上映時間:117分
オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

◆予告編動画

◆あらすじ

流星群が話題になっているロシアの、とある街。

いくつもの隕石が地球に降り注いだその日、隕石に衝突して、一隻の宇宙船がコントロールを失い地球に侵入。

ロシア軍は、宇宙船に対し、ミサイル攻撃をおこない、宇宙船を墜落させる。

しかし、宇宙船が墜落してしまったために、人々に多数の死傷者がでてしまう。

軍の司令官の娘であるユリアは、友人の敵を討つため、恋人の協力を得て、宇宙人に復讐を試みる。

途中に立ち寄った半壊したマンションで、落ちそうになったユリアを救った宇宙人は、自らをヘイコンと名乗る。

ユリアは、宇宙船へ戻るために必要なものを探すため、ヘイコンとともに行動するのだった。

◆今回利用した動画配信サービス

Amazon Prime Video アマゾンプライムビデオ

アマゾンのプライム会員であれば、「吹替版」であれば、無料で視聴する事ができます。ただし、配信期限があるので、興味がおありであれば、可能であれば、お早めの視聴をオススメいたします。

◆スタッフ

監督:フョードル・ボンダルチュク

◆キャラクター:キャスト(日本語吹き替え版声優)

ユリア:イリーナ・ストラシェンバウム(森なな子)
レべデフ:オレグ・メンシコフ(牛山茂)
チョーマ:アレクサンドル・ペトロフ(加瀬康之)
ヘイコン:リナル・ムハメトフ(金城大和)

雲間に見える空の青 sideB」様の情報を参考にいたしました。


◆おっさんのネタバレなし感想

●意外とシンプルだったSF映画

SF映画ではよくあるアイデアなんですが、そこをロシア映画独特のセンスで、上手にカバーしております。

アメリカ映画では味わえない、ロシア映画独特の雰囲気を堪能できる、素敵な映画でございました。

てっきり、地雷映画かな?って思ったのですが、そうではなくて良かった。これは良い拾い物でしたね。

登場人物も必要最低限に抑えられており、物語については変にこねくり回しておらず、素直でわかりやすい。

最初から続編制作を狙うような事もしない、潔い映画。

映画好きであれば、普通に楽しめる作品となっております。

◆良いところ

●SF特有の難しさはナッシング

CGのクオリティーが結構良い感じに高くて、宇宙船のデザインは、アメリカ映画にはない、独創的なもので、個人的には大好きなテイストの作品でした。

物語は、いくつもの山場が用意されていて、とにかく飽きさせないような工夫が施されておりました。

SF映画ではありますが、ラブロマンスにフォーカスした作品であるため、SFが苦手であっても十分に楽しめる映画。

SF作品にありがちな、わかりにくさは全くないので、SF大好きっ子以外の方には、オススメできます。

◆悪いところ

●スケールは小さい

宇宙船が墜落してきて、「宇宙人の侵略か?!」っていう展開であるにも関わらず、劇中ではロシア国内の動きしか描かれておりません。

もちろん、ロシア映画ですので、それはそうなのですが、アメリカ映画のように、全世界規模のスケールを期待するとNGであります。

日本でも、明らかに全世界規模の題材なのに、日本国内で物語が完結するっていう……それと一緒ですね。

個人的には全く気にならなかったのですが、邦題の「制圧」の部分に興味があって、本作を鑑賞してしまうと、かなりのガッカリ感に襲われます。

こじんまりとしたスケールは、好き嫌いが分かれるところなのですね。

◆レビューや評価

映像凄くて期待して観てたら、アレアレアレ?って感じで、結局最後まで観れませんでした。

YAHOO!JAPAN映画

ロシアもなかなか面白い映画をつくりますね。映像もきれいです。

YAHOO!JAPAN映画

内容以外の部分が興味深いという意味で、かなり「面白い」作品ではありました。

YAHOO!JAPAN映画

◆今回のネタバレなし感想のまとめ

地雷映画かと思いきや、良くも悪くも普通のSF映画って感じでしたね。

見やすい作品でして、最後まで普通に鑑賞してしまった。

ロシア映画って、妙な魅力があるんですよね。『不思議惑星キン・ザ・ザ』(ソ連時代)、『カリキュレーター』など、個人的に好きな映画を生み出しております。

いずれもアメリカ映画にはない、独特のセンスで作り上げられた作品たちです。

もし、まだロシア映画に触れた事のない方は、ぜひとも、一度ロシア映画を試してみてください。

何か新しい発見があるかもしれないですよ?


という事で、ここまでは『アトラクション-制圧-』のネタバレなし感想でした。

これより下には、ネタバレありの感想を書いております。おっさん999のネタバレあり感想に興味がおありの方については、本作の鑑賞を終えた方のみ、ネタバレありの感想に目を通して頂けると幸いです。


そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

●Amazonビデオ



●↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

●この記事をお読みのあなたにオススメの記事

●お問い合わせは下記よりお願いいたします。

    ◆ネタバレあり感想

    そんな訳で、ここからはネタバレを含んだ、おっさんの感想を書き連ねていきたいと思います。

    アトラクション-制圧-
    (C) Art Pictures Studio

    ●ブレスレットの意味は観客が考察する?

    ヘイコンがユリアに託したブレスレットには意味があったのか?

    劇中では、その意味について、しっかり言及はしていないんですよね。

    私は、その存在を、この記事を書く時に「あれ?そういえば……」っていう風に思い出しました。

    考えてみると、物語上、必要な小道具という訳でもないんですよね。

    では、ブレスレットは何だったのか?


    これは、観客がその意味を考えるためのものなのかもしれませんね。

    おっさんは、このブレスレット、信頼した者にしか託さないものなのではないか?って考えてみました。

    自分を助けてくれたユリアに、自分には敵意がないことを示す意味もあったのかもしれません。

    人によって、ブレスレットの意味が色々と変わると思うので、映画の終盤における展開を含めて考えると、やっぱり意味のある小道具だったのかもしれません。

    ●ラストのセリフが重い

    『アトラクション-制圧-』のラストにおける「人生が変わった」というセリフについて、かなり考えさせられました。

    主人公の言う「人生が変わった」という意味は、「人生観がアップデートされた」というものでしょう。

    宇宙には人類以外にも生命体が存在し、地球は必ずしも人類の所有物ではない。地球や人類といったスケールだけでなく、宇宙を含めて未来を考えるという思考が、主人公に備わったという示唆がラストにありました。


    しかし、一般人は「人生が変わった」といいながら、物資を買いだめしたり、次回に宇宙人が侵略してきた時に、どのように対応するかを話し合っています。

    買いだめやシェルター建設は大切ですね、確かに。天災こわいですからね。

    宇宙人侵略について話し合うのも必要です。最悪の可能性を考えないといけませんし。

    でもね、「人生が変わった」といいながら、今までと同じステージで物事を考えているってことは問題があるなぁって思う訳です。少なくとも一般の方々は。

    自分の価値観がひっくり返るくらいの変化があって、状況が変わろうとしているのに、その変化を拒絶するという構図は、現代の私達の生活でも垣間見ることができます。


    テクノロジーによって世界と繋がり、資本主義が新しいステージへ移ろうとしているのに、その変化を頑なに拒む人々が多く存在します。

    その人々は、自分たちの利益を守るためだけに、変化を受け入れようとしない。そして、自分以外の人々を不幸へ陥れようとして頑張る。

    変化を拒む人間の醜悪さが、ラストのこのセリフに集約されている感じがして、( ゚д゚)ハッ!となりました。

    わたしも変化を受け入れる度量を備えないといけないと、肝に銘じた訳です。


    という訳で、今日はここまで。

    本当に最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    映画好きな四十郎のおっさん999でした。

    それでは、しーゆー!

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事