(r)adius/ラディウス

どーも、四十郎のおっさん999です。

鑑賞しようと思っていて、なかなか鑑賞できないでいた映画『ラディウス』。タイトルの表記が、ちょっと面倒なので、この記事では簡単に『ラディウス』とします。

さて、本作は「未体験ゾーンの映画たち2018」で上映された作品です。残念ながら、わたしは映画館で鑑賞する事ができませんでした。

DVDでレンタルやセル版がリリースされていたのですが、コロリと忘れており、気がつくとdTVで配信がスタートしていました。早速、視聴。最近、忘れっぽいので、こういう時、やはり動画配信サービスは便利ですな。

そんな訳で、今回は『(r)adius/ラディウス』のネタバレなし感想を書いていくんだぜ?




『(r)adius/ラディウス』概要

原題:『RADIUS』
製作:2017年カナダ
日本公開日:2018年1月16日
上映時間:93分
オススメ度:★★★★☆(四つ星!)




予告編動画




あらすじ

気が付くと、頭に怪我を負っていた男性リアム。彼はどうやら交通事故に遭遇し、記憶喪失になっていた。

助けを求めるため、近くの町へ歩き始める。

道中、ヒッチハイクするが、停車してくれようとした車は横道にそれて事故を引き起こす。リアムは急いで駆け寄るが、すでに運転手は絶命していた。

やがてリアムは気が付く。

自分の半径15メートル以内に立ち入った者は、全て即死してしまう事に。

途方に暮れるリアムの前に、リアムに近づいても死なない女性、ジェーンが現れる。




スポンサードリンク




今回利用した動画配信サービス

dTV

※本作品の配信情報は2019年6月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。




スタッフ

監督・脚本:キャロライン・ラブレシュ、スティーブ・レナード

キャスト

ディエゴ・クラテンホフ、シャーロット・サリバン







おっさんのネタバレなし感想

不気味な空気感、そして不穏な雰囲気。状況が全くわからず、次々と死者が増えていくという謎の現象。静かな演出と旋律が、とてもマッチしていて、グッドな作品でございます。

ストーリーも良いのですが、わたしは演出と音楽の印象が強く残りました。静かでキレイなんですよね。必要な情報以外は観客に示さない場面作り。観客の不安をあおりつつ、場面を音楽で補完するという、シンプルな構成。

シンプルであるがゆえに、頭に残る構成になっておりました。

雰囲気映画が好きな方には、オススメしたい作品です。




良いところ

派手な演出や展開は一切ありません。それらに頼る事なく、映画を最後まで見せてくれる点は、とても素敵です。

演出、シナリオ、音楽、俳優。

全てがピタリとはまって、ラストまで一気に鑑賞する事ができる映画でした。

展開次第では、いくらでも大規模にできるのに、それを一組の男女だけの視点で物語を紡ぐという潔さは、個人的には良かったです。普通だと、話を大きくしすぎて、収拾がつかない事態に陥るのですが、本作では、そうなっていません。

それだけでも、わたしは本作を高く評価できると思います。




悪いところ

観る人によっては、結末は許容できないかもしれません。わたしも、ちょっと「えっ?」となりました。ここは、好みの問題で、好き嫌いが、はっきりと分かれてしまうでしょうね。

また、SFを題材にしたにも関わらず、人間ドラマのみにフォーカスした点についても、賛否の分かれるところでしょう。

わたしとしては、ドラマのみに終始していた点が良かった訳ですが、SF映画が好きでそれを期待して観た方にとっては、苦痛でしかなかったかもしれません。




今回のネタバレなし感想のまとめ

dTVでの評価が低かったので、ちょっと鑑賞するのに身構えてしまったのですが、視聴して良かった。

少なくとも、風変わりな映画が好きな人であれば、十分に楽しめる作品に仕上がっております。

わたしは、もう一回、視聴しても良いかな?というくらいには、気に入りました。

ぜひぜひ。


という事で、今回は『(r)adius/ラディウス』のネタバレなし感想でした。

それでは、今日はこの辺で。

しーゆー!




ネタバレあり感想

『(r)adius/ラディウス』のネタバレあり感想




DVD




おすすめの記事