貞子しゃくれる
スポンサーリンク

どーも、四十郎のおっさん999です。

先日、映画『貞子』を鑑賞しました。その感想も書きましたね。

そこで、ふと思ったんです。これまで、どのような方が貞子を演じてきたんだろう……って。

という訳で調べてみました。

今回は、大人貞子さん限定で調べてみました。一体どのような方が貞子役を演じてきたのでしょうか。




貞子しゃくれる



『リング完全版』三浦綺音さん

飯田譲治氏が脚本を手がけたドラマ版。原作に一番忠実であり、数ある『リング』の映像作品群で一番面白い。




『リング』伊野尾理枝さん

『女優霊』で有名になった中田秀夫監督と高橋洋氏が、ホラー映画として映像化した作品。後に様々な映像作品群を誕生させるキッカケとなる。




『らせん』佐伯日菜子さん

飯田譲治氏が監督と脚本を手がけた映画。ホラーではあるものの、イマジネーションによる恐怖の方に重きを置く作品。




『リング2』伊野尾理枝さん

『らせん』とは異なる、パラレルな続編として製作。中田秀夫監督・高橋洋氏が再びタッグを組む。




『リング~最終章~』木村多江さん

連続テレビドラマとして製作された作品。原作の設定を踏襲しつつ、オリジナルなストーリーや設定を見せる。




『らせん(ドラマ版)』木村多江さん

『リング~最終章~』の続編として製作された連続テレビドラマ。原作の『らせん』とは全く異なるアプローチで、物語のエンディングを描く。




『リング0 バースディ』仲間由紀恵さん

映画版シリーズの完結編として製作された作品。原作版『リング』三部作の後日談である「ハッピー・バースデイ」の映像化ではなく、別の短編「レモンハート」の映像化である事に注意。




『貞子3D』橋本愛さん

日本では珍しく、『リング』のリブート的立ち位置となる作品。もはや貞子お嬢様を題材にホラー映画を製作できない邦画業界の弱点を逆手に取った手法で、意外な面白さを見せる作品。




『貞子3D2』???

意外と攻めていた『貞子3D』が、意外とヒットしたため、何も考えずに製作された続編。内容はないよう。前作とは異なり、酷い出来で、おっさん怒り心頭でございます。




『貞子VS伽椰子』七海エリーさん

エイプリルフールネタだった企画が、まさかの実現。貞子お嬢様や伽椰子女史の設定を変更し、意外な面白さを見せた作品。監督と脚本を手掛けたのは、イロモノ作品が得意な白石晃士氏。

ネタバレなし感想




『貞子』南彩加さん

新たなるリブート企画かと思いきや、まさかの『リング2』続編。しかし、一連のシナリオを手掛けた高橋洋さんは参加していないため、お察しください的作品になってしまった。『リング』のパラレルシリーズの完結編としては、とても中途半端。

ネタバレなし感想




佐伯日菜子さんは、てっきり映画版『リング』の貞子役を演じていらっしゃったのかと思っていたのですが、『らせん』の方でした。

『貞子3D』の貞子は、橋本愛さんだったんですね。『貞子3D』の貞子は、本当に美少女って感じで、おっさん的には、とても好きな雰囲気の貞子です。

小説を読んだイメージとしては、橋本愛さんの貞子が、とてもイメージどおりです。『リング最終章』の三浦綺音さんもイメージぴったりでしたけどね。

というわけで、今回はこの辺で。

しーゆー!




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事