『ウォーハント 魔界戦線』のネタバレなし感想/ラストで損しているB級アクションホラー映画
(C)2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.
スポンサーリンク

映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、ミッキー・ローク出演のアクションホラー映画『ウォーハント 魔界戦線』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

ミッキー・ロークが主人公かと思いきや、なんと脇役でビックリ。

ポスターは、ミッキー・ロークを前面に押し出していたので、驚きましたね。

スポンサードリンク

『ウォーハント 魔界戦線』について

原題:『WARHUNT』

製作:2022年アメリカ

日本公開日:2022年5月27日公開

上映時間:1時間32分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

発売:ニューセレクト株式会社(アルバトロス)

予告編動画

簡単なあらすじ

1945年、連合軍の輸送機が、突如、カラスの大群に襲われてしまい、ドイツ南部の森林地帯へ墜落してしまう。

緊急任務として、輸送機の捜索に向かうことになった、アメリカ軍のブリューワー軍曹ら。

任務開始前に、ジョンソン少佐がブリューワー軍曹に、特務兵であるウォルシュを同行するように命令する。

輸送機には、極秘情報が積まれており、ウォルシュは、その回収を任務としていた。

捜索隊は不気味な森の中を進み、やがて、ドイツ部隊と遭遇。

交戦の後、ドイツ兵の生存者ひとりを捕らえるが、どうも様子がおかしい。

やっとの思いで、捜索隊は墜落機の残骸を発見するのだが、生存者はおろか、乗員の死体すら、一人も見当たらない。

やがて、一行は、森の中で起きる、奇妙な現象に翻弄されるようになる。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『ウォーハント 魔界戦線』

会員の方でも、追加料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


dTV

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。


music.jp

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年11月時点の情報です。最新情報につきましては、music.jpにてご確認ください。

スタッフ・キャスト

監督・脚本・原案・製作:マウロ・ボレッリ

脚本:レジー・ケヨハラ3世、スコット・スバトス

製作:ユリア・ザイツェワ、イゴール・プロニン、マックス・パヴロフ、スヴェトラーナ・パンテ、アデル・ナー、ユー・ファイ・スエン

製作総指揮:ジェフ・クランツドーフ、アリアンヌ・フレイザー、デルフィーヌ・ペリエ、ヘンリー・ウィンタースターン

音楽:タオ・リュー

出演者:ロバート・ネッパー、ジャクソン・ラスボーン、ミッキー・ローク、アグラヤ・タラーソヴァ、アンナ・パリガ、ロー・スタッセン、ポリーナ・プシュカレヴァ・ニオリー


ウォーハント 魔界戦線 [DVD]

おっさんのネタバレなし感想

前半は雰囲気系ホラー映画

あまり情報を仕入れないで本作を鑑賞したのですが、結構、楽しむことができました。

前半は、戦時中の緊張感と、森の不気味な雰囲気を大切にしていて、敵そのものを描くことなく、観客の恐怖を煽る作りになっています。

B級・Z級の雰囲気系ホラー映画がお好きなら、前半は好みの演出に仕上がっていると思います。

ウォルシュが意味深な動きをしていたり、セリフを放っていたりして、個人的には、前半部分は非常に良かったですね。

後半は地味めなアクション映画

後半になると、緩やかなストーリー進行だったのが、一転、どんどん物語が展開し始めます。

前半では脱落者がほとんどいなかったのに、後半に入った途端、脱落者がどんどん出てくる。

敵の姿も、ある程度、明確化され、わかりやすいアクション映画になっていました。

ただ、低予算なのか、アクションそのものは、割と地味になっています。

バリバリのアクションを楽しみにしていると、消化不良を起こす感じですね。

個人的には、地味なアクション描写は、本作の雰囲気には合っていると思います。

好みの分かれるラスト

このままいけば、おすすめ度は「四つ星」になっていたのですが、個人的に許容できなかったのが、ラストの描写です。

本作のラストについては、考察できるにはできるのですが、それまでにヒントが観客に提示されているとは言い難く、かなり唐突なラストになっているんですよね。

私は、何か見落としたのか?と思って、何度も巻き戻して確認したくらい。

それくらい唐突でございました。

正直なところ、意味不明なラストになっていて、これが大きなマイナス点になってしまいました。

魔女の記録?という魔導書的なものが登場していたから、お察しくださいということなのかもしれないけれど、それなら、もうひとつ、ふたつのヒントは出した方が、すんなり納得できたと思うんですよね。

なんとも勿体ない感じでございました。

Yahoo!映画での口コミレビューや評価

ヤフー映画『ウォーハント 魔界戦線』でレビューや評価をチェック!

今回のネタバレなし感想のまとめ

雰囲気重視のB級ホラーアクション映画で、普通に楽しめただけに、ラストがとても残念でした。

B級映画・Z級映画を嗜んでいる方には、オススメできるクオリティーの映画かな?という感じですね。


という事で、今回は『ウォーハント 魔界戦線』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray

↓クリックして頂くとモチベーションあがります!


にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事