X-MENシリーズ初のホラー映画『ニュー・ミュータント』のネタバレなし感想
(C)2021 20th Century Studios. (C)2021 MARVEL.
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品にして、初のホラー映画となった『ニュー・ミュータント』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

私は、今回、DVDレンタルではなくて、ディズニープラスを利用して鑑賞しました。

『X-MEN』の世界観でホラーを製作するということで、本作をずっと心待ちにしていた訳ですが、色々あってDVDスルーになってしまいました……。

スポンサードリンク

『ニュー・ミュータント』について

原題:『THE NEW MUTANTS』

製作:2020年アメリカ

日本公開日:劇場未公開、2021年3月31日よりデジタル配信開始

上映時間:1時間30分

オススメ度:★★★★☆(四つ星!)

予告編動画

簡単なあらすじ

ネイティヴ・アメリカンの保留地を竜巻が襲い、少女ダニ―は父とともに避難する。

ダニーの父は、ダニーに大きな樹木の下で身を隠すように言って、自分は避難している人々を助けようと保留地へ戻る。

が、何者かの襲撃に遭遇し、帰らぬ人となってしまう。

その直後、重要な出来事が発生し、そのせいで、ダニーは気を失う。

ダニーが目を覚ますと、病院らしい施設に拘束されていた。

ダニーの覚醒に気付いたドクター・セシリアが彼女の前に現れ、状況を説明する。

この場所は、ミュータントの隔離施設であること。

自分の能力をコントロールできずに悩んでいる若者に治療を施していること。

それらを告げられて困惑するダニー。

なぜなら、ダニー自身はミュータントである自覚がなく、能力発現も身に覚えがない。

ダニーのミュータント能力は一体、どのようなものなのか。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『ニュー・ミュータント』

会員の方でも、別途料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴前にご確認ください。

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


dTV

dアカウントをお持ちの方は、個別課金にて視聴が可能となります。

配信期限は、2022年3月31日まで。

2022年3月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。


他にも、私が利用したディズニープラスなどでも配信しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

スタッフ

監督・脚本:ジョシュ・ブーン

脚本:クネイト・リー

製作:サイモン・キンバーグ、ローレン・シュラー・ドナー

音楽:マーク・スノウ

キャラクター:キャスト(日本語吹き替え版声優)

ダニエル・ムーンスター(ダニ―)/ミラージュ:ブルー・ハント(清水理沙)

イリアナ・ラスプーチン/マジック:アニャ・テイラー=ジョイ(志田有彩)

レイン・シンクレア/ウルフスベーン:メイジー・ウィリアムズ(合田絵利)

サム・ガスリー/キャノンボール:チャーリー・ヒートン(高橋英則)

ロベルト・ダ・コスタ/サンスポット:ヘンリー・ザーガ(清水優譲)

セシリア・レイエス:アリシー・ブラガ(白川万紗子)



ニュー・ミュータント ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

おっさんのネタバレなし感想

アクションちょい足し雰囲気系ホラー映画

ホラー映画という訳で、結構がっつり期待していたのですが、視覚的なホラーではありませんでした。

私の大好きな雰囲気系ホラーですね。

直接的な描写ではなくて、不気味な空気感を漂わせ、観客を怖がらせるという演出になっています。


が。

思ったより、ホラーテイストが軽めであるため、雰囲気系ホラーが好きな方でも、イマイチ感を抱く人もいるかもしれないですね。

雰囲気を重視している作品なので、視覚的なホラーを期待して鑑賞すると、がっかりする可能性が高いです。


また、本作はアクションメインの『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品です。

そのため、本作でも、ミュータント能力が登場し、アクション描写もあります。

だから、ホラー映画を楽しみたいのに、アクションあるやんけ!ってなっちゃうと、あまり楽しめないかも。


アクションも、バリバリのアクションではなくて、抑えめのアクションなので、アクション映画としても、あまり楽しめない感じ。

私は、割と楽しめたのですが、ホラー映画としても、アクション映画としても、中途半端という印象は否めません。

巷の評判が厳しめなのは、そのあたりが原因なのかもしれませんね。


ちなみに、本作はスピンオフではありますが、シリーズに登場するキャラクターは出演しませんし、時系列も明確ではないので、本作単体でも楽しむことができます。

とはいえ、『X-MEN』の世界観くらいは知っておいた方が良いですけどね。




アニャ・テイラー=ジョイが可愛すぎる

本作には、アニャ・テイラー=ジョイが出演しているのですが、彼女がとにかく良いですね。

『ラストナイト・イン・ソーホー』でも感じたのですが、彼女特有の魅力的な空気感があると思います。

彼女のファンの方や気になる方は、『X-MEN』をちょっとだけ勉強して、本作を鑑賞してみてください。

本作ならではの彼女の演技を楽しむことができると思いますよ。

Yahoo!映画でのレビューや評価

Yahoo!映画『ニュー・ミュータント』で口コミレビューや評判をチェック!

今回のネタバレなし感想のまとめ

個人的には、本作の続編を観たかったと思えるくらいには、好きな映画でした。

『X-MEN』シリーズはMCUに組み込まれてしまうので続編は難しいかもしれない。

けれど、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の例があるので、本作の続編、期待しないで待ちたいと思います。


という事で、今回は『ニュー・ミュータント』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray



↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事