スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~
(C)2009 AUTONOMOUS FILMS,LLC
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさんでございます。

今回は、『スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~』というホラー映画のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

バンシーという妖精がバンバン登場する、派手なホラー映画を期待しつつの鑑賞でございました。

一体、どんな作品だったのか?

スポンサードリンク

『スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~』について

原題:『SCREAM OF THE BANSHEE』

製作:2011年アメリカ

日本公開日:劇場未公開

上映時間:1時間30分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

予告編動画

簡単なあらすじ

12世紀のヨーロッパでは、人々に凄惨な死をもたらす妖精<バンシー>の存在に頭を抱えていた。

そんな状況に、テンプル騎士団が動き出し、犠牲者をだしつつも、<バンシー>の封印に成功する。

時は流れ、現代。

大学の考古学クラブに、中世の装甲手袋(甲冑のこて)と地図のようなものが送りつけられてきた。

差出人は不明。

首をかしげつつ、「セクション3」と書かれている地図を観察しながら、クラブのメンバーはセクション3へと向かう。

地図を読み解いたメンバーは、壁の向こうに何かがあると判断。

壁に触れると、劣化していた壁がすぐに崩壊してしまった。

壁の向こうには、小さな部屋が存在し、そこには謎の箱が置かれているのだった。

本作を視聴できる動画配信サービス

2021年5月18日時点で、視聴できるサービスを見つける事ができませんでした。

スタッフ・キャスト(出演者)

監督:スティーヴン・C・ミラー

脚本:アンソニー・C・フェランテ

出演者:ローレン・ホリー、ランス・ヘンリクセン、トッド・ヘイバーコーン



スクリーム・オブ・バンシー~殺戮の妖精~ [DVD]

おっさんのネタバレなし感想

普通のB級ホラー映画

パッケージからして、Z級映画かな?という期待もあったのですが、鑑賞してみると、普通のB級ホラー映画でございました。

可もなく不可もなし、といったクオリティーの作品ですね。

若干のグロ描写はありつつも、そこまでガッツリとしたグロ描写ではありません。

そのため、グロ描写メインで視聴すると失敗してしまう、そんな映画となっております。

テレビ映画っぽい作りで、B級映画やZ級映画を日頃から観ている方であれば、何の苦もなくラストまで鑑賞する事ができます。

それなりに楽しめる映画ではありますが、様々な方にオススメできるような、そんなタイプの映画ではありません。

アイデア一本勝負のホラー映画

本作は、バンシーというクリーチャーらしき存在のアイデアだけで90分を駆け抜けております。

通常ですと、他のアイデアをもう一個くらい混ぜるのですが、良くも悪くもアイデア一本で勝負に出ております。

その心意気は嫌いではないですけどね。

ラストまで普通に鑑賞できるクオリティーではありますが、それでもストーリー進行は、かなりゆっくりでございます。

途中、物語として、ちゃんと進んでいるのか?って、ちょっと不安になりました。

このあたりは、好き嫌いの出るところだと思います。

B級映画やZ級映画を、普段、あまり鑑賞していない方であれば、退屈になってしまうかも。

バンシーのアイデアだけで映画を作るのであれば、もう少し、バンシーについての説明というか、そのあたりの背景というか、そういったものを物語に組み込んで欲しかったですね。

奇抜なアイデアがあるとか、そういう系統の映画ではないので、そこは注意が必要です。

レビューや評価

とにかく役者さんに恵まれなかった作品ということで。
けど決して内容がすばらしいということでもありませんが。

YAHOO!映画『スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~』

今回のネタバレなし感想のまとめ

B級映画やZ級映画を、日頃から鑑賞している方であれば、チャレンジしてみても良いかも?という感じの映画です。

それ以外の方は、「なに、これ??」状態になる可能性があるので、あまりオススメしませぬ。

私は、それなりに楽しめましたけどね。


という事で、今回は『スクリーム・オブ・バンシー ~殺戮の妖精~』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

ネタバレあり感想

DVD・Blu-ray



↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事