思ってた作品と違った雰囲気系SF映画『レミニセンス』のネタバレなし感想
(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
スポンサーリンク

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

今回は、SFスリラー作品である『レミニセンス』のネタバレなし感想を書いていきたいと思います。

劇場公開当時、ユーチューブで予告編を見たのですが、『インセプション』っぽい感じで楽しみにしていたんですよね。

映画館へ足を運ぶことはなかったのですが、今回、ブルーレイをレンタルして鑑賞してみました。

スポンサードリンク

『レミニセンス』について

原題:『REMINISCENCE』

製作:2021年アメリカ

日本公開日:2021年9月17日

上映時間:1時間56分

オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)

予告編動画

簡単なあらすじ

海面が上昇し、やがて陸地が海に沈むであろう近未来。

退役軍人であるニックは、マイアミにおいて、顧客が望む過去の記憶を追体験させるというビジネスで、ある程度の成功を収めていた。

ある日、ニックの店に、偶然にも立ち寄った女性がいた。

メイと名乗る彼女は、車の鍵をなくしてしまい、自分の記憶で鍵を探したいのだという。

メイにひと目で魅了されたニックは、彼女の希望を叶え、無事に鍵を見つけ出す。

その後、メイの存在を忘れられなかったニックは、あることをきっかけに、メイと深い関係になる。

このまま幸せに過ごすと思っていたのだが、ある日、メイが姿を消してしまう。

本作を視聴できる動画配信サービス

U-NEXT『レミニセンス』

会員の方でも、追加料金が必要となります。

配信期限がありますので、視聴の際は注意してください。

本ページの情報は2022年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


Amazon『レミニセンス』字幕版
Amazon『レミニセンス』吹替版

動画レンタル、動画購入にて視聴可能です。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年5月時点の情報です。最新情報につきましては、Amazonにてご確認ください。


dTV

会員の方は、動画レンタルにて視聴可能。

配信期限がありますので、ご注意ください。

2022年5月時点の情報です。最新情報につきましては、dTVにてご確認ください。

スタッフ

監督・脚本・製作:リサ・ジョイ

製作:ジョナサン・ノーラン、マイケル・デ・ルカ、アーロン・ライダー

音楽:ラミン・ジャヴァディ

キャラクター:キャスト(日本語吹き替え版声優)

ニック・バニスター:ヒュー・ジャックマン(山路和弘)

メイ:レベッカ・ファーガソン(北西純子)

エミリー・“ワッツ”・サンダース:タンディ・ニュートン(浅野まゆみ)

セント・ジョー:ダニエル・ウー(三上哲)

サイラス・ブース:クリフ・カーティス(丸山壮史)



レミニセンス(字幕版)

おっさんのネタバレなし感想

スリラー映画ではなく恋愛映画

予告編を見ると「記憶に潜入する」ということで、『インセプション』のような映画を期待していたのですが、実際は全く違う感じの作品でした。

そもそも記憶に潜入することはないですし、事件を捜査するにはするけど個人的理由が優先されるので、思ってたのと違う状態。

私は脚本にジョナサン・ノーランが参加していると思っていて、かなり期待していたため、その分の落差が激しかったですね。


本作は、サスペンスやスリラー映画ではなくて、完全な恋愛映画です。

個人的には、恋愛映画を見たい訳ではなかったので、イマイチ本作の世界観に入り込むことができませんでした。

設定や世界観は良いのですが、それを活かすことができなかった点が残念。

ストーリーの都合上、全編を通して緊張感がないため、ダラダラと物語が進行してしまい、最後まで楽しむことができなかった。


予告編と本編の乖離が激しい映画ということで、もし、恋愛要素を盛り込んだ予告編が製作されていたのなら、感想や評価も、もっとプラスになったと思うんですよね。

色々と残念だなぁと感じる映画でございました。


ちなみに、本作のラストについては、私は大好きです。

人によっては受け入れられないかもしれないけど、私はハッピーエンドのように感じました。

Yahoo!映画での口コミレビューや評価

ヤフー映画『レミニセンス』でレビューや評価をチェック!

今回のネタバレなし感想のまとめ

映画館で公開された当時、さほど話題にならなかったので、そこが気になっていたんですよね。

つまらないことはないだろう……と思っていたのですが、まさか恋愛映画だったとは。

そういう視点で見てみると、また違った面白さや楽しさがあるかもしれません。


という事で、今回は『レミニセンス』のネタバレなし感想でした。

そんな訳で、今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画好きな四十郎のおっさん999でした。

それでは、しーゆー!

DVD・Blu-ray




↓クリックして頂くとモチベーションあがります!



にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ

この記事をお読みのあなたにオススメの記事

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事